哲人 部長の意見が間違っていると思えば、あなたは反論すべきです。

課長 そ、そんな。部長から嫌われてしまうじゃないですか。

哲人 構いません。間違っていると思いながらも部長の意見に同調し、部下を限界まで働かせて、あなたは幸福ですか? 中間管理職として、正しい姿なのでしょうか?

課長 いや、それは……。

哲人 他者から承認してもらおうとするとき、ほぼ全ての人は、「他者の期待を満たすこと」をその手段とします。

 仕事の主眼が「他者の期待を満たすこと」になると、その仕事は相当苦しいものになるでしょう。他者の視線を気にして、自分が「私」であることを抑えているわけですから。

課長 他者の期待に生きてはいけない。なるほど。確かに私は自分にうそをついていたのかもしれません。先生、もう少しアドラー心理学について学びたいのですが……。

哲人 いいでしょう。では、一緒にアドラーの考え方を学んでいきましょう。

(監修:岸見一郎、古賀史健)


職場や家庭が変わる
今こそ! 「嫌われる勇気」

 『週刊ダイヤモンド』6月28日号の第2特集「今こそ!『嫌われる勇気』」では、『嫌われる勇気』(岸見一郎、古賀史健著)のヒットで、じわじわと人気を集めている「アドラー心理学」を取り上げています。

 アドラー心理学の基本から、仕事で使える「上司や部下とのコミュニケーションの技術」など実践的な内容を集めました。「叱らない」一方で「褒めない」というアドラー式の子育て法など、日常生活で使えるノウハウも満載です。

 本特集を、職場やご家庭でご活用いただければ幸いです。

(『週刊ダイヤモンド』副編集長・佐藤寛久、編集部・泉秀一)

 

《ダイヤモンド社のアドラー心理学の本》

『嫌われる勇気 自己啓発の源流「アドラー」の教え』  岸見一郎、古賀史健 著 定価:本体1500円+税

嫌われる勇気 
自己啓発の源流「アドラー」の教え

フロイト、ユングと並び「心理学の三大巨頭」と称されるアルフレッド・アドラーの思想(アドラー心理学)を、「青年と哲人の対話」という物語形式で紹介しています。欧米で絶大な支持を誇るアドラー心理学は、「どうすれば人は幸せに生きることができるか」という哲学的な問いに、きわめてシンプルかつ具体的な“答え”を提示します。この世界のひとつの真理とも言うべき、アドラーの「幸福論」はほかの誰でもないあなたが、あなたらしく生きていくためのヒントを与えてくれます。絶賛発売中![Amazon.co.jp] [紀伊國屋BookWeb] [楽天ブックス]

 

『アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉』 小倉広 著 定価:本体1600円+税

アルフレッド・アドラー 
人生に革命が起きる100の言葉

アルフレッド・アドラーはフロイトやユングとも並び称される心理学の巨人でありながら、日本での知名度は低い。しかしながら『7つの習慣』や『人を動か す』をはじめコーチングやNLPの源流でもあり、いわば「自己啓発の父」とも呼べる存在だ。本書はそんなアドラー心理学を「超訳」し、名言集としてまとめる。絶賛発売中![Amazon.co.jp] [紀伊國屋BookWeb] [楽天ブックス]