ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
経営のためのIT

20年後、今ある職業の半分はなくなる!
デジタルイノベーションの潮流
――デジタル化の進展が企業に及ぼす影響

内山悟志 [ITR代表取締役/プリンシパル・アナリスト]
【第22回】 2014年7月25日
著者・コラム紹介バックナンバー
previous page
2
nextpage

注目すべきデジタルイノベーション

 それでは、現在そして今後、どのようなデジタルイノベーションが注目されるのであろうか。一時代前は、軍事・産業・学術分野で開発された高度な科学技術やその応用技術が、一般企業のビジネス分野へ、そして消費者へと転用されていった。

 しかし現在は、こうした流れに逆流現象が生じており、コンシューマー技術が企業や軍事分野への転用されるようになっている。昨今では、スマートモバイルデバイス、パブリッククラウド、ソーシャルテクノロジなどコンシューマーITの世界で発生し普及した技術を、どのように企業ITに取り込んでいくかが重要な議論となっており、この傾向は今後さらに加速すると予想される。

 このようなコンシューマー技術の普及や、IoT(Internet of Things)の台頭が、企業におけるデジタルイノベーションを後押ししている。現時点において注目すべきデジタルイノベーションの潮流としては、「社会・産業のデジタル化」「顧客との関係のデジタル化」「組織運営・働き方のデジタル化」の3つの方向性が考えられる【図2】

 社会・産業のデジタル化の領域では、3Dプリンティングでモノづくりが変わる、小型無人飛行機とGPS(全地球測位網)で小荷物配送が変わるといったことが現実化しつつある。また、顧客との関係のデジタル化においては、店舗のショールーム化(ショールーミング現象)を引き起こしたり、ソーシャルネットワークによって消費者が繋がりあったりすることで購買行動に変化が生じつつある。

 組織運営・働き方の分野では、雇用・就労形態の多様化の動きを止めることはできず、組織のトライブ化、人材のグローバル化、従業員のモビリティはさらに加速し、「雇用」「就労」の概念さえも大きく変わっていくことが予想される。これは、評価や報酬のあり方、合意形成や意思決定のプロセスにも影響を及ぼすこととなろう。

previous page
2
nextpage
IT&ビジネス
クチコミ・コメント

facebookもチェック

内山悟志
[ITR会長/エグゼクティブ・アナリスト]

うちやま・さとし/大手外資系企業の情報システム部門などを経て、1989年からデータクエスト・ジャパンでIT分野のシニア・アナリストととして国内外の主要ベンダーの戦略策定に参画。1994年に情報技術研究所(現アイ・ティ・アール)を設立し、代表取締役に就任。2019年2月より現職。


経営のためのIT

日々進化するIT技術をどうやって経営にいかしていくか。この課題を、独立系ITアナリストが事例を交えて再検証する。クラウド、セキュリティ、仮想化、ビッグデータ、デジタルマーケティング、グローバル業務基盤…。毎回テーマを決め、技術視点でなく経営者の視点で解き明かす。

「経営のためのIT」

⇒バックナンバー一覧