「こだわらない」から「1000万以上」まで
男女それぞれの気持ちとは?

 それぞれの回答をした人のコメントを見てみよう。

・「こだわらない」と回答した男性
「自分の給料+α程度にしか考えていないから」(茨城県・20代前半)
「お金は最悪なんとかなる、精神的に支えてほしい」(大阪府・20代半ば)
「女性にそこまで求めない」(神奈川県・30代後半)
「女性にはワークライフバランスを大切にしてほしいから」(大阪府・20代後半)

・「こだわらない」と回答した女性
「愛があれば!」(東京都・30代後半)
「真面目に働いていたらいい!」(北海道・20代後半)
「お金がないなら二人でどうにかすればいいから」(神奈川県・20代前半)
「高望みしてもしょうがないと思う」(岩手県・30代前半)

 同じ「こだわらない」と回答した人でも男女でコメントの傾向には違いがある。男性の場合、「女性にそこまで求めない」人が多いのに比べ、女性の場合は「あった方がいいけれど、現実を考えたらなくても仕方ない」という意見が多いようだ。

・「300万以上」と回答した男性
「働いていればお互いの苦労がわかるので」(東京都・20代後半)
「今の世の中だとリアルでしょ」(北海道・20代前半)
「お互いに稼げれば家庭が楽だから」(栃木県・30代後半)

・「300万以上」と回答した女性
「普通に生活できるぐらいの収入があれば」(茨城県・30代半ば)
「徐々に上がればいいと思うので」(神奈川県・20代半ば)

 男性も女性も「300万円は多くはないが、暮らしていける年収」と感じているのは同じ様子。男性の場合は、「少しでも働いてくれれば楽」「共感しあえる」という声があった。