だが、医療保険制度改革案の骨子はすでに決定され、今通常国会に関連法案が提出されることになっている。そのため、厚生労働省は「選定療養費を義務化するイメージ」と説明して対応策を検討。大病院での定額負担導入は粛々と行われ、今後、中央医療保険協議会などで対象病院や定額負担の具体的な金額が決定められることになっている。

 来年からは、紹介状なしで大病院を受診した場合、これまでよりも医療費の負担が高くなるのは確実だ。これまで、「近いから」「とりあえず大きな病院が安心」などと、あまり考えずに大病院を利用していた人は、今後、医療費の請求にビックリすることになるかもしれない。

 家計を守るためにも、そして医療資源を国民みんなが「必要な医療を必要なときに」使えるようにするために、医療機関を使い分ける工夫を覚えたいもの。

 いざ制度が始まってから慌てないで済むように、周りの人に評判を聞いたりして、今のうちから信頼できるかかりつけのクリニックや中小病院を見つけておこう。