スマートエイジングライフ
男の食育 笠井奈津子
【第14回】 2015年4月20日
笠井奈津子 [栄養士、食事カウンセラー]
著者・コラム紹介バックナンバー

コンビニ食だけでメタボを防げるお手軽食事術

予算が600円あればお弁当を!
カット野菜を添えれば完璧に

 そして、600円まで予算があれば、おにぎりと惣菜数種など、多様な組み合わせができますが、そこまでカスタマイズするのは結構面倒くさいもの。ここまできたら、お弁当がおすすめです。選ぶお弁当自体は、茶色一食ではなく、できるだけ色の数が多いもの。そして、アルコール度数が強いお酒にチェイサーとしてお水を添えるように、味の濃いお弁当には味のついていない生野菜を添えましょう。パック詰めのサラダを買うと一気に予算があがってしまうので、袋に入ったカット野菜を添えると良いでしょう。

 また、お弁当をベースにすると、これまでの予算帯よりもややカロリーも糖質も高まるので、食べるときには、ごはん側を奥になるようにおいていただきましょう。そうすれば、野菜料理から食べることになり、噛む回数が多くなる分、自然に早食いを防止できて、血糖値の急上昇もおさえられるから肥満予防にも有効です。

 「食事を抜いても痩せない」「食べていないのに痩せない」という方っていらっしゃいますよね。それは、食べないで腸が動かない分、腸内環境が悪化することに起因しているかもしれません。

 腸内環境が悪くなると起こるのは、便秘になったり、おならがくさくなることだけはありません。悪玉菌が増えて腸内環境が悪くなると、必要な栄養が吸収されにくくなり、結果として代謝が低くなり、脂肪燃焼能力が低くなってしまうことも。溜めこまない体を作るためにも、免疫力をあげるためにも、心を元気にするためにも、腸内環境は整えておきたいものです。

 そんな腸内環境をよくする発酵食品、といった視点からコンビニを見渡せば、ヨーグルトをはじめ、納豆、キムチ、チーズなど、100~300円程度で手に入るものばかり。キムチやチーズは一度で食べきるものではないので、一食あたりは数十円程度ですみますよね。

 コンビニを利用することで、「一日一食しか食べていなかった!!!」という悪習慣から卒業できたら、そんなに良いことはありません。

笠井奈津子
[栄養士、食事カウンセラー]

東京都生まれ。聖心女子大学文学部哲学科を卒業後、栄養士免許取得。現在、栄養士、食事カウンセラー、フードアナリストとして活躍中。都内心療内科クリニック併設の研究所での食事カウンセリングやセミナーなどで、これまでに携わった8000通り以上の食事記録をもとに食事指導を行っている。また、“食卓に笑顔を”の願いのもと、『Smile table』を主宰し、ビジネスマン向けに企業内研修、カウンセリングをするほか、ワークショップなども実施している。
著書には『10年後も見た目が変わらない食べ方のルール』(PHP新書)、『成功する人は生姜焼き定食が好きだ』(晋遊舎新書)、『甘い物は脳に悪い すぐに成果が出る食の新常識 』(幻冬舎新書)などがある。
公式サイト スリップストリーム(お問い合わせ)


男の食育 笠井奈津子

目、肩や腰の痛み、毛、お腹周り、ニオイ……。男も年を重ねれば重ねるほど、若い頃は気が付かなかった悩みに振り回されることになる。そんなとき、対策の1つになるのが「食」だ。しかし、男性が自分で正しいと思った対策するのには、注意が必要だ。実は思い込んでいる知識が勘違いであるばかりか、症状は悪化、さらに若さを一層失うことになりかねないからだ。この連載では、そんな「食」の知識に未だ乏しいミドル男性に対し、若い頃と変わらない身体を保ってもらう「男の食育」を行っていく。

「男の食育 笠井奈津子」

⇒バックナンバー一覧