──サムスン電子をはじめ韓国メーカーが、欧州では白物でも高いシェアを持っているが、なぜパナソニックをはじめ日本メーカーは苦戦しているのか。

 シェアを拡大させることの意味は何かという問題もある。韓国メーカーは生産投資をかなりやって、それが販売の量につながり、シェアにはねかえってくる。販売の量を追えば、市場でのシェアやプレゼンスは自然と上がる。

 一方で、それがプロフィッタブル(利益が大きい)かというと、決してそうではない。我々としてはひたすら量を追うというより、しっかりと利益の出せる体制ありきの話で、過去のテレビのような失敗は許されない。

──依然として白物のシェアでトップ10にも入らない欧州で、拡大戦略をとることの意味は何か。

 欧州全体でみれば、市場としては飽和している。新興国のような成長市場ではないし、今後事業継続が困難になるリスクを抱えている地域でもある。

 ただ、欧州での事業の成長は、アジア市場にも波及してくる。中国をはじめアジアの人たちは、欧州の文化や製品に対する憧れがあるからだ。

 今後の中国、アジアでの事業成長に向けても、欧州でしっかりと事業の足場を固めることは大事だと考えている。

──白物家電における戦略投資の考え方は。

 戦略というからには、各事業に対して投資の優先度が明確にあるが、非連続な成長に向けて、白物家電で何百億円という投資をするフェーズにはない。