油分を摂るなら、エゴマ、
アマニ、オリーブオイルに魚油!

夏目 じゃあ、どんな油なら良いんですか?

稲島 ざっくり言うと、アマニ油やエゴマ油に多く含まれるα(アルファ)リノレン酸や、前回紹介した魚の脂に多く含まれるEPAやDHAなどのω-3脂肪酸は、中性脂肪を減らし、善玉コレステロールを増やします。心臓や血管の病気のリスクを減らしてくれることが期待されます。

夏目 なるほど。でも製剤にしちゃったら、それほどでもなかったという結果がありましたね。ω-3脂肪酸以外に良いものはないんでしょうか?

稲島 ω-9脂肪酸の仲間を多く含むオリーブオイルも良い研究結果が出てきますよ。

スペイン・バルセロナ大学による、7447人を対象にした無作為化介入試験。N Engl J Med 2013;368:1279

 長くなるので説明は割愛しますが、オリーブオイルやナッツを加えると良いようですね。ただし魚や野菜を増やした食事に加えて、これらを摂取することが重要です。

夏目 まとめると、油には太るリスクはあれど、体に良い油がある、と。

稲島 そう思います。ところで、私が言っていることって、最終的に、よく言われていることに落ち着くじゃないですか。動物性の脂より、魚や植物油のほうが良い、とか。

夏目 そう言われればそうですね。

稲島 結論はあまり面白くないかもしれませんが、こういった「根拠」を調べることで、ウソや大げさな表現に疑いを持てると思います。さも効果があるように謳っているけど実際に調べてみるとまったく効果がない、あるいは調査自体に偏向があるといったことが非常に多いですからね。

夏目 情報が多いからこそ自衛が必要かもしれませんね。私も、稲島先生の話を聞いてから、食品とか健康情報に関してはかなり疑り深くなりましたから。

>>続編『「コレステロールは身体に悪い」説はもう古い!』に続く

>>続編『「コレステロールは身体に悪い」説はもう古い!』を読む