緊張で頭が真っ白にならないための
おすすめメニューとは?

 糖質を摂ると少なからずエネルギーが注入された気がします。でも、それは、血糖値が上がったことによる、一時的な変化です。

 大事なプレゼン前のように、メンタルを強く保つために必要な栄養素を補給することはできません。

 では、その必要な栄養素とはなんでしょう。

 プレゼンがはじまって、みんなからの視線が集まった途端に頭の中が真っ白になってしまう、思うように話しができない、知っていることなのに答えられない…こうしたことがおきてしまうのは、少なからずストレスの影響を受けているということです。

 このようなときは、ストレス抵抗力をあげる栄養素をしっかりと補給することが大事です。

 プレゼン前に補いたい栄養素は、抗ストレス作用をもつ副腎皮質ホルモンの材料となるパントテン酸と不安を解消するビタミンC。

 パントテン酸はビタミンCほど馴染はないかもしれませんが、語源となるギリシャ語では「いたるところに存在する」を意味するだけあって、幅広い食品に含まれています。ただ、水に溶けやすく、熱で分解されやすいので、加工度が高い冷凍食品や缶詰が多い方は注意が必要です。そういった意味では、コンビニで食事を済ませるよりも、外食で済ませた方が効率よく摂りやすいかもしれません。

 パントテン酸を多く含むもので食事を考えるのならば、朝に納豆やたらこをいただいたり、昼にチキンソテー、レバニラ炒め、うな重を選択するのがおすすめです。

 ビタミンCは、ビタミンC入りドリンクで…と言えたら楽ですが、やはりこうしたものは糖分も多く含むため、避けたいところです。いつもは頼まないサラダも今日だけはオーダーする、添えられているキャベツをおかわりする、というのも大事な心がけです。

 また、秋刀魚や鯖などに多く含まれるDHAやEPAも副交感神経の働きを高めて、興奮状態にあるのを抑えてくれるので、刺身定食や焼き魚定食なんかもおすすめです。