スマートエイジングライフ
男の食育 笠井奈津子
【第31回】 2016年1月11日
笠井奈津子 [栄養士、食事カウンセラー]
著者・コラム紹介バックナンバー

「炭水化物抜きダイエット」に失敗する人のNG行動

 そして、意外と満足感を得られるのは、カレー専門店。お店によっては、ごはん抜きにしてキャベツ大盛り、というオーダーができるところもあります。

 また、いわゆるランチ定食にありがちな“さばの味噌煮”や“豚の生姜焼き”など白いごはんが進むものを我慢するのは大変ですが、大戸屋やファミレスのように単品注文ができるところを利用すれば、若干割高にはなりますが、おかず単品とサラダ、というように、ダイエット中でも比較的満足度の高い食事をすることができます。

 長崎ちゃんぽんで知られているリンガーハットでは、ちゃんぽん麺なしの「野菜たっぷり食べるスープ」がオーダーできたりもします。国産野菜が480gも摂れるとあって、野菜の量もかなりボリュームがありますし、男性ひとりでも行きやすいお店なので、選択肢のひとつにおすすめです。

お正月明けの体重増加は
じつは“むくんでいる”だけだった!

 お正月明けに体が重く感じても、それがイコール太った、とも限りません。短期間のお休みであれば、一時的に体重が増えても、体脂肪まで増えたわけではないことがほとんどです。ですから、このタイミングで「あーあ、今年もダイエットはうまくいかないな」とあきらめる必要はありません。

 では、なぜ、太ったように感じてしまうのでしょう。その一因には、お正月料理にありがちな塩分や糖分の摂りすぎによって、水分をためこんで体がむくんでしまうことがあげられます。

 お正月にいただく機会が多いお節を「薄味だ」と思う方は少ないはずです。市販のものはもちろん、手作りにしたとしても、保存性を高めるために日常の料理よりは塩を多く使うため、塩分も高くなります。おまけに、お正月だから…と豪勢にテーブルに並ぶお寿司やすき焼きなどは塩分のみならず糖分も多く含まれます。お料理と一緒に出てくるお酒にも糖質が多く含まれますよね。

 そのため、

・減塩に気をつけながら、むくみの解消を期待できるたんぱく質を補給すること
・日中、水分をしっかり補給しながら、汗をかく程度の有酸素運動をすること

 が大切です。

笠井奈津子
[栄養士、食事カウンセラー]

東京都生まれ。聖心女子大学文学部哲学科を卒業後、栄養士免許取得。現在、栄養士、食事カウンセラー、フードアナリストとして活躍中。都内心療内科クリニック併設の研究所での食事カウンセリングやセミナーなどで、これまでに携わった8000通り以上の食事記録をもとに食事指導を行っている。また、“食卓に笑顔を”の願いのもと、『Smile table』を主宰し、ビジネスマン向けに企業内研修、カウンセリングをするほか、ワークショップなども実施している。
著書には『10年後も見た目が変わらない食べ方のルール』(PHP新書)、『成功する人は生姜焼き定食が好きだ』(晋遊舎新書)、『甘い物は脳に悪い すぐに成果が出る食の新常識 』(幻冬舎新書)などがある。
公式サイト スリップストリーム(お問い合わせ)


男の食育 笠井奈津子

目、肩や腰の痛み、毛、お腹周り、ニオイ……。男も年を重ねれば重ねるほど、若い頃は気が付かなかった悩みに振り回されることになる。そんなとき、対策の1つになるのが「食」だ。しかし、男性が自分で正しいと思った対策するのには、注意が必要だ。実は思い込んでいる知識が勘違いであるばかりか、症状は悪化、さらに若さを一層失うことになりかねないからだ。この連載では、そんな「食」の知識に未だ乏しいミドル男性に対し、若い頃と変わらない身体を保ってもらう「男の食育」を行っていく。

「男の食育 笠井奈津子」

⇒バックナンバー一覧