このように信用情報に“傷が付く”と、日常生活に多数の「不便」が発生するわけだが、奨学金利用者も信用情報機関に登録されるようになったことはあまり知られていない。

 実際には「ブラックリスト」という“リスト”が存在するわけではないが、3ヵ月以上の延滞は各機関が相互に見られるシステムになっていることからこのように言われている。「異動情報」は、信用情報機関で5年間保持されるので、この間はクレジットカードのみならず、住宅ローンの審査にも影響が大きいことを必ず知っておきたい。

 引っ越しをして返済口座を変更し、手続きするのを忘れていたら、しばらく引き落としがされていなかった、なんてことは絶対に避けなくてはいけない。また、奨学金は学生本人が借りて、本人に返済義務があるものだが、最近は親が返済を肩代わりしているケースも珍しくなくなった。

 その場合、親が「うっかり延滞」をすると、子どもの信用情報にキズが付くことも覚えておきたいことのひとつだ。

ついうっかりの残高不足も
金融機関にとっては同じ「延滞」

 自分のお金の信用は、自分で守ろう。子どもが奨学金を借りるなら返済が始まる前に、返済は絶対に延滞してはいけないことを教えておきたい。残高不足の「うっかり延滞」も、お金がなくて「払えなくて延滞」も信用情報上は同じようにただの「延滞」記録となる。

 ある銀行の人から聞いたのだが、住宅ローンの申し込みがあったときには、信用情報機関の照会以外に自行の取引履歴もチェックするそうだ。その銀行では、自行の取引履歴は、5年以上遡って見るとのこと(信用情報は5年間分の記録のみ)。「他の銀行も同様だと思いますよ」と言っていた。

 クレジットカードの支払いや奨学金の返済がちょこちょこ残高不足になっていると、銀行から「お金の管理がなっていない人」と判断されることもあるようだ。やはり「残高不足」は、絶対に避けなくてはいけない。