時代の潮流を知るために職業別就業者数の動きを分析する場合、中分類がちょうどよい。例えば、「看護師」は小分類であり、中分類では「保健医療従事者」に属し、大分類では、「専門的・技術的職業従事者」である。専門・技術職(「専門的・技術的職業従事者」の略称。以下、適宜、○○職などと正式名称を略すこととする)が知識社会の進展にともない増勢にあるというのでは、あまりに一般論的にすぎるし、人数規模が小さい小分類では、ささいな点にこだわりすぎることになる。また、1%抽出だと標本誤差が大きくなるので分析がこころもとないことになる。

 次の表は、国勢調査の行われた5年おきに就業者数増加率が最も高かった中分類の職業を列挙したものである。

表1 国勢調査の躍進職業(中分類)から見た時代変遷