小林りん

小林りん

インターナショナルスクール・オブ・アジア軽井沢 代表理事

カナダの全寮制インターナショナルスクールを卒業後、東京大学経済学部へ。1998年卒業後、モルガン・スタンレー証券、ITベンチャー、国際協力銀行を経て、スタンフォード大学院へ留学(2005年教育学部修士課程修了)。2006年国連児童基金(unicef)職員としてフィリピンへ赴任。ストリートチルドレンのための教育プログラムを担当。その経験から次世代のリーダー教育の重要性を強く感じ、2008年8月に帰国。現在は、2014年9月に「インターナショナルスクール・オブ・アジア軽井沢(ISAK)」を開校すべく、設立準備財団の代表理事として活動中。ダボス会議の40歳以下のメンバーである世界経済フォーラム「2012年度ヤング・グローバル・リーダーズ」に選出。
二枚目すぎる芸能人はなぜ売れない?「オレオレ型」より「調整型」が活躍できる理由 インターナショナルスクール・オブ・アジア軽井沢代表理事 小林りん×BCGパートナー&マネージング・ディレクター 平井陽一朗【後編】
小学生の65%が存在しない職業に就く予測も 職業クライシスの時代に何を学べばいいの?インターナショナルスクール・オブ・アジア軽井沢代表理事 小林りん×BCGパートナー&マネージング・ディレクター 平井陽一朗【前編】
カタチの見えないプロジェクトへ仲間を突き動かした3つのバリューとは?――小さな成功体験の積み重ねと共有で、チームは進化する【ISAK代表理事 小林りん×ビズリーチ代表 南壮一郎】(後編)
なぜ日本初の「学校づくり」に仲間が集まったのか?――仲間は理論ではなく情熱に集まる【ISAK代表理事 小林りん】×ビズリーチ代表 南壮一郎】(前編)

アクセスランキング

  • 1時間
  • 昨日
  • 1週間
  • 会員
TOP