保守派の主張が日本衰退につながる(1)
本当に「皇室の血統」を守りたいのか

 筆者は、保守派に聞きたいことがある。それは、「日本の誇りを取り戻したい」とする保守派の様々な主張をそのまま実行すれば、日本は衰退の一途をたどり、日本人は誇りを失ってしまうことになるのではないかという疑問だ。あえて換言すれば、保守派は日本を滅亡させたいのではないかとさえ思えてならないのである。

 例えば、今回の天皇陛下が生前退位の意向を示されたことで、様々な皇室の存亡にかかわる深刻な問題があらためて浮き彫りになっている。まず、皇位の継承は「万世一系の男系の男子」が継承することになっているが、皇太子殿下、秋篠宮殿下、その長男の悠仁様しか事実上の継承者がいない。皇太子殿下の一人娘の愛子様に皇位継承権がなく、皇室の周りを固め、いざとなれば皇位継承者を出すはずの「宮家」は、戦後ほとんどが廃止されている。愛子様や秋篠宮殿下の長女・真子様、次女・佳子様は結婚すれば皇室離脱し、「宮家」を創設できない。将来、皇室は天皇・皇后両陛下のみという最悪の事態も容易に想定できる状況だ。

 この問題への対応策は、「女性天皇」「女系天皇」を認めることである。これは、小泉純一郎政権時代に私的諮問機関「皇室典範に関する有識者会議」が設立され、議論された。「だって、このままじゃ皇室が滅びるでしょ」的な、シンプルでリアリスティックな小泉首相(当時)の意向が反映され、2005年11月に「家族観や社会における男女の役割分担をめぐって、国民の意識や制度に様々な変化が生じてきていることも考慮する必要がある」として、「女系」容認の可能性を示唆する報告書が提出された。

 しかし、その後、秋篠宮家に悠仁様という皇位継承者が誕生したことで議論が停滞し始め、保守派が支持する第一次安倍政権が登場して議論がひっくり返された。「女性・女系天皇」は否定されてしまったのである。

 保守派が主張する、「天皇、皇后は『万世一系』であり、皇統連綿の一糸の『男系』によって125代の天皇様が存在してきた。だから天皇・皇室は『万世一系』『男系』でなければならない」という日本の「文化」は理解できる。しかし、皇室は滅亡に向かうしかないという現実に対して、どういうお考えをお持ちなのだろうか。

 保守派は、竹田恒和(JOC会長)・恒泰(評論家)の「旧竹田宮」親子のような「旧宮家」を再興すべきと主張している。先日ある保守派の方がテレビで「応仁天皇の5代目の子孫の継体天皇を福井で見つけ出して、男系の皇位継承を守った」という話まで持ち出していたことに苦笑した。これを現代に当てはめれば、昨日まで民間人だった方を「宮家再興」して、突然皇位継承者にして「〇〇宮様」と呼ぶということだろうが、国民には非常に違和感があるのではないだろうか。女性宮家と女性・女系天皇を認めるかどうかの議論をするほうが、はるかに現実的で、国民の理解を得やすいはずだ。