恋愛マッチングサービス「Omiai」が実施した「バレンタインに関するアンケート調査」(約1800人の男女が対象)によると、男性の47.2%が「バレンタインは、楽しみではない」と回答しており、約半数が否定派だという。いろいろ面倒くさいことが起こりがちなバレンタインだが、それでも続くのが日本のバレンタインであり、だからこそ日本のバレンタインなのである。

ホワイトデーの“同額返し”は嫌われる?

 そもそも、「義理チョコ」が間違いの始まりだったように思える。著者(34歳/男性)の経験では、中学生までは「もしかしたら、女子からチョコをもらえるかもしれない」とドキドキしていたものだ(もらえたためしはなかったが)。しかし、高校に入ると、「クラスの女子全員から、クラスの男子全員へ」という大規模な“義理チョコ合戦”が行われるようになった。これでは、情緒もへったくれもない。もともと想いを伝えるのに2月14日である必然性は乏しく、バレンタインの本来の意味は形骸化していった。

 男性にとって、バレンタインを楽しめない理由の一つに、ホワイトデー(お返し)へのプレッシャーがある。「Yahoo!ショッピング」が昨年発表した「ホワイトデー本音調査」(男女1118人が回答)によると、義理チョコのお返しが同額だった場合、女性の26.2%が「ちょっと寂しい」、8.6%が「来年からバレンタインを渡したくない」と感じるという。

 これが、“2倍”の額をお返しした場合になると、「ちょっと寂しい」が7.7%、「来年からバレンタインを渡したくない」が5.2%に減り、一方で「好感度が上がる」が38.9%、「異性として魅力的に思う」が2.0%になる。ちなみに、「異性として魅力的に思う」が10%を超すのが“4倍”からで、逆に“5倍以上”になると、負担に思う女性も増えるため、ホワイトデーのお返しはバレンタインの“4倍”が妥当な線となりそうだ。