独立リーグの監督も、古くからの野球ファンには馴染みのある顔が多い。ラミレスが入った高知の監督は巨人で満塁男といわれた駒田徳広氏。コーチは南海、ダイエー、阪神などで渋い投球を見せたサウスポー・吉田豊彦氏だ。香川の監督は広島でしぶとい打撃を見せた西田信二氏、愛媛マンダリンパイレーツの監督は巨人のクローザーとして活躍した河原純一氏だ。

 ベースボール・チャレンジ・リーグの新潟アルビレックス監督は近鉄で活躍した大石大二郎氏、福島ホープス監督はヤクルトの主軸で第1回、第2回WBCの優勝メンバーでもある岩村明憲氏、信濃グランセローズ監督は阪急で守備の名手として鳴らした本西厚博氏、富山GRNサンダーバーズは甲子園優勝投手で巨人・近鉄で活躍した吉岡雄二氏が監督、近鉄・巨人で4度のホームラン王に輝いたタフィ・ローズ氏がコーチを務めている。

 また、大阪、兵庫、和歌山を本拠とする3チームが所属する、もうひとつの独立リーグ、ベースボール・ファースト・リーグの06BULLS監督は近鉄で活躍した村上隆行氏、コーチは巨人のクローザーだった石毛博史氏だ。

 こうした懐かしい顔が間近で見られるのも独立リーグの魅力のひとつだろう。

 注目されるのはラミレスの高知でのプレーだろうが、これを機会に各独立リーグにも注目したいものだ。地方出張あるいは旅行に行く際はその地域で行われる試合のスケジュールをチェックし観戦してみるのも一興である。

(スポーツライター 相沢光一)