うっかり階段で足を滑らせて転倒、そして骨折――。そんなアクシデントが起こりがちな梅雨の季節。仕事に追われる忙しい身であればあるほど、一日も早く治して完全復帰したいもののだ。そんな人にうってつけの治療、「超音波骨折治療法」が広がっている。今年4月1日現在、全国242施設が“先進医療”として行っているが、骨折が早く治るってどういうことなのか。

 超音波骨折治療は、今や日本で最も手がける施設が多い、一番普及した“先進医療”だといえる。これは、その名の通り超音波を使って、骨折の治りを早める治療法だ。最大の特徴が、治療期間が短くなることで、野球の松井秀喜選手や、サッカーのデビッド・ベッカム選手など、早期治癒が不可欠なスポーツ選手が受けた治療法として知られている。

 実際、効果の高さには目を見張るものがある。海外の報告によると、骨折後7日以内にギプスで固定した骨折部に超音波骨折治療を行うと、超音波を使わないときに比べ、骨折が治るまでの日数が約4割も短くなった。例えば、前腕の骨の場合、一般的な治療による治癒までの日数が98日であったのに対し、超音波治療法では61日に短縮。また、同じく膝下の骨では154日から96日に短くなったのである。

超音波骨折治療グラフ
超音波骨折治療をすると治療期間が短くなる

 それほど高い治療効果がある超音波骨折治療、「さぞかし特殊な機械を使って複雑なことをするのではないか」と思うかもしれない。しかし、治療法自体は至ってシンプルだ。

 まず、第一段階は、通常の骨折治療と同じで、骨折部分を元の正常な位置に整復し、ギプスなどで固定する。一般の骨折治療と違うのはこの後で、皮膚の上から骨折した箇所に、超音波を照射するのである。つまり、今までの治療に単に超音波治療をプラスするだけなのだ。