ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
経営のためのIT

他社事例ばかりを気にする
企業が後を絶たない理由

内山悟志 [ITR代表取締役/プリンシパル・アナリスト]
【第70回】 2017年7月14日
著者・コラム紹介バックナンバー
previous page
4

 一方、二次調査は情報の入手が比較的容易、幅広く多数の事例を収集できる、一定の品質でまとめられている、相手の都合に左右されず独自に作業を進められるといったメリットがあるものの、該当する事例がどこにも公開されていない、聞きたい内容が網羅されていない、不明な点があっても質問できないといったデメリットがある。

 二次調査においては、記者などの一定のバイアスがかかっていることへの考慮も必要となる。失敗事例はなかなか公開されておらず、公開されていたとしても核心となる部分に十分に切り込めていないことも多い。成功事例においても、途中の紆余曲折は省略され、苦労した点や成否を左右したポイントが曖昧に表現され、美化されたストーリーとなっている場合もある。事例の背景まで理解し、行間にある本質を見極めるには、二次調査で記述されている結果だけでは不十分ということも多いだろう。

 このような本質的な部分は、信頼関係を築いた上で、自分で聞きに行かなければ有益な示唆は得られないと考えるべきだ。そのため、調査の目的や調査対象によって一次調査と二次調査を組み合せて行うことも有効な手段となる。

 事例収集の目的が「やらない理由を探すため」であったり、前例主義的な抵抗勢力を説き伏せるためであったりするならば、そのような後ろ向きともいえる活動に費やす労力は最小限に抑えることを推奨する。一方で、成功のためのヒントを得たり、失敗しないための留意点を確認したりするといった前向きで明確な目的を持っている場合は、事例の背景を理解するためにも時間と労力をかけて一次調査を行うことを推奨する。

previous page
4
IT&ビジネス
クチコミ・コメント

facebookもチェック

内山悟志
[ITR会長/エグゼクティブ・アナリスト]

うちやま・さとし/大手外資系企業の情報システム部門などを経て、1989年からデータクエスト・ジャパンでIT分野のシニア・アナリストととして国内外の主要ベンダーの戦略策定に参画。1994年に情報技術研究所(現アイ・ティ・アール)を設立し、代表取締役に就任。2019年2月より現職。


経営のためのIT

日々進化するIT技術をどうやって経営にいかしていくか。この課題を、独立系ITアナリストが事例を交えて再検証する。クラウド、セキュリティ、仮想化、ビッグデータ、デジタルマーケティング、グローバル業務基盤…。毎回テーマを決め、技術視点でなく経営者の視点で解き明かす。

「経営のためのIT」

⇒バックナンバー一覧