そして今、AIやロボット、センシング、ビッグデータ解析、再生医療などの分野はドッグイヤーなど比ではない速度で変化している。今日の常識が明日には時代遅れになっていても不思議でないこれらの分野では、過去の蓄積だけでは仕事ができない。一見、AIともロボットとも無縁に感じられる分野でも同様だ。

成毛眞が明かす AI時代に生き残るためのたった一つの条件成毛眞さん(撮影/大嶋千尋)

 こう断言できるのは、いま起きていることは私が過去に見てきたことの再現だからだ。かつて電子計算機は大量の計算をしたい特殊な人たちのものだった。人類の大半には、電子計算機など縁遠い存在だったのだ。ところが、電子計算機ではなくコンピュータと呼ばれることが増え、個人が手軽に使えるパーソナルコンピュータ(パソコン)と呼ばれるジャンルが登場すると、それまでは電子計算機とは無縁だった職場へのパソコンの導入が始まった。

 そのときに「おれはこういう機械は嫌いだ」と嘯いていた人たちが職場で厄介者扱いされるようになり、あらゆる職場でパソコンが当たり前のように使われるようになるまで15年も経たなかった。

 AIやロボットについても、パソコンで起きたのと同じような現象が起こるだろう。ただ、まったく同じではない。あの頃よりももっと早く、AIやロボットは、どんな分野の仕事をしている人にとっても当たり前になる。科学、そして技術の進化は加速しているからだ。それに置いて行かれたくなければ、それなりのスピードが求められる。だからこそ、理系脳が必要なのだ。

 理系脳の持ち主には、理系学部で学んだ人も、文系学部で学んだ人もいる。理系学部で学んだからといって、理系脳とは限らない。

 もう少し詳しく野村総研のレポートを見てみると、そこには「代替可能性が高い100種の職業」と「代替可能性が低い100種の職業」もまとめられている。

 私の目には、「代替可能性が高い100種の職業」、すなわちAIやロボットに奪われる仕事は、ありふれた言い方をすればクリエイティブではなく、「代替可能性が低い100種の職業」、これもありふれた言い方をすればクリエイティブということだ。同じ感想を抱く人も多いだろう。