ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

セールスフォースが年商100憶ドル達成を
まだ“第2章”と言う理由

――キース・ブロック セールスフォース・ドットコムCOOに聞く

ダイヤモンドIT&ビジネス
【第72回】 2017年10月19日
著者・コラム紹介バックナンバー
previous page
3
nextpage

――売上200憶ドル到達のためには何が必要でしょうか。

 成長のエンジンは、3つあります。1つ目は「業種別営業組織」の強化です。私がセールスフォースに入社したときに「顧客の言葉で語る」ことを成長戦略の1つと位置付けました。顧客の目線でビジネスの課題解決を考えることが重要です。そのために必要な業界知識、業種ごとの知識を備えた人員を集め、組織化してきました。この4年間で大きく変わったことの1つです。

 同時に、業界別に強いパートナー企業(システム開発会社)とも組んで、顧客に最適なソリューションを提供するようになりました。100憶ドル達成の原動力の1つでもあった、この業界特化型の製品とソリューションを、さらに進めていきます。

 また、私たちには最大規模のクラウドアプリケーションの技術者が集まる「エコシステム」と呼んでいる強固なネットワークがすでにあります。この中身は2種類あり、1つは高い技術を持つシステム開発企業です。彼らが課題を吸い上げ、解決策を顧客企業の意思決定層にわかりやすく提示してくれます。もう1つは、ソフトウェア開発者のコミュニティです。様々なソリューションをセールスフォースのプラットフォーム上で構築しています。

 そして3つ目が、グローバル展開です。私がセールスフォースに入社したときの売上の80%は米国内のものでした。それが4年たった現在、米国内の比率は60%後半~70%台にまで下がり、海外市場の成長は目覚ましいものがあります。その中でも日本は、2つのデータセンターを設けるなど、海外事業拡大の中核を担う重要拠点です。

 海外展開を進めるうえでもっとも重要になる、人材についても力を入れています。今年採用した人材の40%以上は米国以外での採用となっています。今では私たち自身が「フォーチュン500」に入る大企業であり、グローバルに事業を展開する企業を顧客に持っている以上、私たち自身も、ますますグローバル化しなければいけないと感じています。

previous page
3
nextpage
IT&ビジネス
クチコミ・コメント

facebookもチェック

IT insight

情報家電、インターネット、ソーシャルメディア、携帯電話など、ITツールの最新情報に加え、激動の市場を勝ち抜くIT企業の戦略、ITを駆使した新しい企業経営の姿などを伝える。ITエグゼクティブや編集部の視点から、ITビジネスの最前線を徹底分析する。

「IT insight」

⇒バックナンバー一覧