【70~74歳の人の高額療養費(一般的な所得の人の場合)】

①通院のみの場合:1万2000円
  1ヵ月間に支払った通院(外来)の自己負担額の合計が、ひとりあたり1万2000円を超えると高額療養費の対象になる。
  たとえば、1ヵ月の通院の医療費の合計が20万円の場合、70歳以上の人の一部負担金は1割の2万円なので、申請すると8000円が払い戻される。

②入院した場合:4万4400円
  70歳未満の人は、原則的に高額療養費の申請をしたあとで払い戻しを受けるが、70歳以上の人の入院費は、申請しなくても窓口では自己負担限度額の4万4400円以上を支払う必要はない。
  たとえば、入院の医療費が100万円の場合、本来なら窓口では1割の10万円支払う計算なるが、70歳以上の人が窓口で負担するのは限度額いっぱいの4万4400円のみでよい。差額の5万5600円も、保険給付分の90万円と合わせて健康保険が支払ってくれる。

③通院も入院もした場合:4万4400円
  通院、入院のそれぞれで①、②のように計算し、払い戻しを受けた金額を除いた自己負担額を合計し、それが4万4400円を超えた場合はさらに払い戻しを受けられる。

④複数の家族が医療機関を受診した場合:4万4400円
  70歳以上の家族が複数いる場合、それぞれが①、②のように医療費を計算。ここで払い戻しを受けた金額を除いた自己負担額を合計し、4万4400円を超えた場合はさらに払い戻しを受けられる。

 つまり、70歳以上の人は、ひとりでも、家族が複数でも1ヵ月の医療費の自己負担額は一世帯で4万4400円を超えることはないということだ。このように70歳以上の人の医療費の自己負担額は低く抑えられる仕組みになっているが、世帯合算すれば親を扶養している現役世代の医療費も抑えられる。

 ただし、親が75歳になるとすべての人が後期高齢者医療制度に移るため世帯合算はできなくなる。75歳以上の人は単独で高額療養費を計算する。