万人向け原理を「ウチの子専用」に最適化する

どんな科学・学問も、競合する仮説のなかから妥当性の低いものを排除し、一般的に成り立つ法則性を検出することに力を注いでいます。

これはSLA研究も例外ではありません。つまり、言語習得の科学でわかるのは、誰にでも共通する基本原理でしかありません(Richards & Rogers, 2001; Celce-Murcia et al., 2015)。

裏を返せば、SLAの原理を個人レベルで実践に移そうとする際には、必ず工夫が必要だということです。
教室空間で生身の子どもたちを教えている僕たちも、やはり反応を見ながらやり方を調整する余裕がないと、上手な指導はできません。子どもたちに自ら学ぶ姿勢を持たせるためには、一人ひとりの個性や関心を汲み取り、それを指導へと落とし込むための、職人芸的な創意工夫が求められるのです。

そこで、学習時期の調整と並んで重要になるのが、学習コンテンツの調整です。
子どもの学習について言えば、次の2点がカギになります。

1. お子さんの「レベル」にあったコンテンツか
2. お子さんの「興味・関心」に沿ったコンテンツか

たとえば、SLA的には「音の大量のインプット」が不可欠とされていますが、そのコンテンツがそもそも学習者に理解可能でなければ意味がないとされています。ちんぷんかんぷんな内容をいくら大量に“聞き流し”してもダメなのです。
この理解可能なインプット仮説(Comprehensible Input Hypothesis)はSLA理論の源流となる考え方でもあります(Krashen,1982)。

また逆に、学齢が進んだ子に対して、いつまでも幼児向け教材を与えるのも適当ではありません。子どもにとってあまりに易しすぎたり、興味・関心が持てなかったりする英文では、モティベーション維持にもマイナス効果です(村野井,2006)。

とはいえ、「難しすぎず、簡単すぎず」のラインを見極めながら親御さんが自らベストな教材をゼロベースで選ぶのは、なかなかハードルが高いと思います。
その際の参考にしていただけるよう、これ以降の連載では、教材・書籍・WEBサイト・DVD・アプリケーションなど、各学習フェーズに応じたおすすめコンテンツを多数掲載していくことにします。

ぜひ最適な学習コンテンツを選んでいただき、「万人にとってベストな学習法」を「あなたのお子さんにとってベストな学習法」へとバージョンアップしてください

(本原稿は斉藤淳・著『ほんとうに頭がよくなる 世界最高の子ども英語』から抜粋して掲載しています)

※注
記事中の参照文献・おすすめ教材などは、こちらのサポートページでご確認いただけます。
「世界最高の子ども英語」専用サポートページ
https://booksdiamond.wixsite.com/childenglish