「風邪」ではなく「食中毒」
予防法も違ってくる

 毎年初冬から春にかけて流行する「ノロウイルス」。

 実はこのウイルス名が決められたのは2002年の国際ウイルス学会でのこと。それ以前は、SRSV(小型球形ウイルス)と呼ばれていたため、中高年層にとっては、なんとなく新しい病気のような感じがしてしまうし、『お腹の風邪』と呼んでしまう人も多い。

 だが、これがよくない。

 ノロウイルスは、ヒトからヒトへ伝播する『感染症』と、飲食物を介して伝播する『食中毒』という二つの顔を持っているが、どちらかというと食中毒の性格が強いように思う(ヒトからヒトにうつる場合も結局、嘔吐物や糞便の飛沫等を「食べてしまう(!)」わけだし)。まして風邪ではないので当然、風邪薬は効かないし、予防の基本も違ってくる。

 風邪もしくはインフルエンザなら、感染予防には、うがいやマスク、ワクチン、部屋の適切な湿度と温度管理を心がける等があげられるが、手指や食品などを介して経口で感染する食中毒であるノロウイルスの場合、ポイントは「食事前、トイレの後、調理前後の手洗い」「嘔吐物や下痢便の適切な処理と糞便の飛沫感染の予防」「食品の加熱と調理器具の消毒」の3点に絞られる。これらは食中毒対策の基本だ。

 現在、ノロウイルスに効果のある抗ウイルス剤はないので、発症した場合、脱水症状を起こしたり、体力を消耗したりしないように、水分と栄養の補給をせっせと行う対症療法以外に為す術はない。

 体力のない乳幼児や高齢者は重症化しやすいため、脱水症状がひどい場合には病院で輸液を行うなどの治療が必要になる。止しゃ薬(いわゆる下痢止め薬)は、ウイルスを体外に排出しにくくし、病気の回復を遅らせることがあるので使用しないほうが望ましい。