遺族年金は繰り下げ前の
65歳の年金額で計算される

 繰り下げ受給を検討する上で、もうひとつ知っておきたいことがある。それは夫が亡くなったあと、妻が受け取る「遺族厚生年金」の計算方法だ。

 繰り下げた年金を夫が受け取り始めてから死亡すると、遺族厚生年金は繰り下げにより増額された老齢厚生年金をもとに計算するのではなく、65歳時点での老齢厚生年金(つまり、増える前の金額)で計算するのである。

 以前、相談に来た人が「自分の死亡後に妻が受け取る遺族年金が増えるなら、繰り下げ受給にしようかな」と言っていた。念のために調べてみたら、遺族厚生年金には繰り下げによる増額分は反映されないとわかった。

深田晶恵さんの新刊『サラリーマンのための「手取り」が増えるワザ65~給料、年金、退職金、副業、パート収入、病気、出産で使える!』が小社より好評発売中です。「手取り」を増やすための実践的な方法を解説、「サラリーマンの手取り年収早見表」「年金の手取り早見表」「個人型DC iDeCoの節税額早見表」付き!

 それを伝えると「だったら、繰り下げやめる。65歳を過ぎてもできる限り長く働くつもりだけれど、年金は予定通り65歳から受け取って、妻のために使わずに貯めておく」と言っていた。奥さん思いのやさしいダンナさんですね。

 65歳以降も厚生年金に加入して働く場合は、年金と給料の調整が行われ(在職老齢年金)、金額によっては年金が一部カットされるケースがある。在職老齢年金と繰り下げ受給の関係は、かなり複雑だ(なので、ここでは触れない)。

 絶対に覚えておきたいことは2つ。ひとつは、年金収入は増えるほど手取り額は目減りするということ。もうひとつは、退職前後の手続きは煩雑で難しいので、後悔のないようにメリットと注意点をよく把握した上で、検討・選択すること。定年後のマネープランに大きな影響を与える選択を複数しなくてはならないので、間違いをしたくない。書店で「定年後ムック」などの手続きをまとめた本を数冊買って、熟読することをお勧めする。

(株式会社生活設計塾クルー ファイナンシャルプランナー 深田晶恵)