食生活の影響を調べる
改善ポイントのまとめ

 最後に復習にもなりますが、コレステロールが高めの人に向けた食習慣改善ポイントをまとめます。

・揚げ物の回数を減らす
・バターやクリームを多く含む間食を減らす
・油脂を多く使用している食品を減らす(クロワッサン、クリームチーズなど)
・脂身の多い肉を避ける
・バターや牛脂などの油の使用を減らす
・野菜、きのこ、海藻を毎食摂る

 コレステロールの上昇が食事によって影響されるかどうかは個人差があるため、高めの人は上記のような食習慣改善に取り組んでみてください。改善前よりもコレステロール値が下がれば食事に影響されているということが分かると思います。ぜひ、次回の健康診断に向けて食習慣の見直しをしていきましょう。

(管理栄養士 岡田明子)