ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

ビッグイベントはメディア総動員で楽しむ時代に
全米最大のスポーツイベント、スーパーボウルに見る
テレビ中継・ストリーミング・SNSの相乗効果

渡辺史敏 [ジャーナリスト]
2012年2月27日
著者・コラム紹介バックナンバー
previous page
2
nextpage

テレビとネット“共食い”は杞憂に
ネットとテレビで広告料金の逆転現象も

 これまでテレビ番組のライブ・ストリーミングは同じ視聴者を奪い合う共食い、カニバリズムを起こすと導入に消極的な姿勢が日米を問わず多かったが、杞憂であることが改めて証明された形だ。

 実際今回のライブ・ストリーミングはビジネス面でも成功の予想の下、実施されていた。スーパーボウルのテレビ中継は圧倒的な視聴者数を期待できることからCMの放送権料が世界一高額なことでも知られている。今回の場合30秒のCMを1回放送する権料の平均が350万ドルに達し、話題となった。ただそのCM放送権料も1000人の視聴者に対するコスト、CPMで見ると約33ドルとなる。

 これに対しストリーミングの広告では、NBCは55ドルで設定していたというのである。つまりストリーミングでの広告のほうが価値が高いという判断だ。実際、これだけのユーザーとストリーミング時間を集めたのだから、その強気の設定は間違っていなかったといえるだろう。

 さらにストリーミング以外にもインターネットではスーパーボウルの人気の大きさが各所に現れてもいる。

ツイッター、フェイスブック、
検索ワードでも圧倒的記録

 まず注目されるのがソーシャル・メディア、だ。ツィッターでは「#Superbowl」というハッシュのついたツイートの秒間投稿数がゲーム終了時に1万2233を、さらに歌手マドンナが出演したハーフタイム・ショー時に1万245を記録している。これは世界的に見れば、昨年日本でアニメ「天空の城ラピュタ」がテレビ放送された際に記録した2万5088ツイートには及ばないものの、アメリカでは圧倒的な数字だ。

previous page
2
nextpage
IT&ビジネス
クチコミ・コメント

facebookもチェック

渡辺史敏
[ジャーナリスト]

1964年生まれ。兵庫県出身。ニューヨーク在住。明治大学卒業後、科学雑誌 出版社勤務を経て、95年フリーランスとして渡米。 ITとNFL、MLB、サッカーなどの米スポーツという2つの分野を中心に取材・執筆活動を行う。 特にメディアとスポーツビジネスの動向に注目している。

News&Analysis

刻々と動く、国内外の経済動向・業界情報・政治や時事など、注目のテーマを徹底取材し、独自に分析。内外のネットワークを駆使し、「今」を伝えるニュース&解説コーナー。

「News&Analysis」

⇒バックナンバー一覧