「血管年齢検査」で分かりにくい
動脈硬化がある

テレビ出演も多い血管の名医、池谷敏郎氏

「血管年齢」という言葉をここで改めて説明しておきましょう。心臓から動脈へ血液が送り出されると「脈」が生じます。脈打つ血管にセンサーを当て、その変化を波形として描いた「脈波」は、血管の状態に応じて変化します。それらを記録し数値化して「血管が何歳相当にしなやかさを失い硬くなったか」を表わしたのが「血管年齢」です。

 一般的に普及しつつある「血管年齢検査」ですが、その結果に表われにくい動脈硬化があるのです。

 初期の動脈硬化は、とても軟らかいコブのようなもの(プラーク)が血管の内側の壁の表面にできます。時間が経過しプラークが大きくなったり、新たなプラークができると、次第に血管の壁全体が厚く硬くなります。

 この軟らかいプラークはあっても血管の壁全体がそれほど硬くない段階の動脈硬化は、「血管年齢検査」では過小評価されてしまうのです。

「血管年齢」=「血管力」でない理由はここにあります。血管力は「血管全体がしなやかさを保ち、その内壁はなめらかで、血液をスムーズに循環させることのできる力」ですが、血管年齢検査は「血管全体がしなやかさを保っているか否か」のみを評価しているのです。

「自覚症状のない動脈硬化」が
突然死を引き起こす!

「心筋梗塞」は、心臓の筋肉(心筋)に酸素と栄養を送っている「冠動脈」にできた動脈硬化の“コブ(プラーク)”が傷つき、そこに生じる「血栓」によって血流が途絶えて発症します。

 ところで「心筋梗塞」を発症するときプラークの大きさはどれくらいだと思いますか? すでにプラークは大きくなっていると思われがちですが、実は、初期段階の小さいプラークのときにこそ起こりやすいのです。