特別支援学級の設置はまだ少数
理解のある教師が必要

 前回(2018年3月22日)の記事『学校で「香害」に晒される子供たち、授業は校庭の片隅で』で報告した大阪府堺市のゆう君が、吹きさらしの校庭に机と椅子を持ち出して個別指導を受けているのと、何という違いだろう。

 同じ義務教育なのに、学習環境はなぜこんなに違うのか。

 原因の一つは文部科学省にある。

 文科省は「健康的な学習環境を維持管理するために~学校における化学物質による健康障害に関する参考資料」(以下、参考資料)で、MCSの児童生徒への対応についてこう定めている。

「病状により長期にわたり医療または生活規制が必要とする場合には、病弱・虚弱の特別支援学級への入級や、特別支援学校への転学により、一人一人に応じた個別の配慮の下で教育を行うことができる」

「しなければならない」ではなく「できる」となっているため、財源や人員の不足などを理由に、十分な配慮をしない教委や学校が少なくないのだ。

 理解ある担任の大切さを実感した保護者や子どもはほかにもいる。

 関西地方の別の市の中学3年生・哲人くん(仮名、14歳)は1歳のとき、母の恵子さん(仮名)ともども農薬の空中散布などが原因でMCSになった。

 症状が悪化したのは4歳のとき。発育相談に訪れた市の福祉センターで殺虫剤にさらされ、全身に湿疹が出て発熱、嘔吐を繰り返した(恵子さんは1ヵ月も食事ができなくなって車椅子生活を強いられた)。

 市の福祉課に事情を知らせてあったが、相談日の3日前に害虫駆除のための消毒(有機リン系農薬などの散布)を実施していたのだ。

 恵子さんは哲人くん入学の1年前から準備を始め、病・虚弱支援学級への入級を申請するとともに、市教委・学校と相談を繰り返した。

 教頭が事情をよく理解し、教室の改修(床のワックスの変更や空気清浄機の設置)から教科書やチョークの変更まで、要請に前向きに対応してくれた。

 入学式の前後には父と母が同級生や保護者に事情を説明する機会も与えられた。

 入学後、哲人くんは体調のよいときは普通学級でみんなと一緒に学び、体調が悪化すると病・虚弱支援学級に移って担任の個別指導を受けたり、持ち込んだ布団で休んだり、さらに悪化すれば早退したり、といった学校生活を送った。