漢字を書くとき、「とめ」や「払い」「バランス」など、いろいろな要素を意識していると思いますが、打ち込みこそが「大人らしい文字」を書く第一歩です。書き出しに斜め45度の打ち込みを入れ、力強い線を引くことで、存在感のある漢字が書けるようになります。

 漢字の「十」や「木」などの字で比べてみると、その差は歴然となります。この打ち込みをマスターして、大人っぽい雰囲気の字にチャレンジしてみましょう。

「一」「二」「三」を練習するだけで、
大人っぽい漢字が書けるように!

 ヨコに長い線を使った漢字はいくつもありますが、その線はほとんど1本から3本で、よく見てみると、実は漢字の一、二、三が使われていることがわかります。

 たとえば、「上」なら1番下に一が。土には、二が。生には、三が使われています。

「字を書くのが苦手」という方の多くは、横線のバランスが崩れがちですが、多くの漢字に使われている一、二、三をマスターしてしまえば、かなりの数の漢字が一気に上達します。

 一は、少し弓なりに反らせると、大人っぽい文字に。

 二は、1画目を少し上へ抜けさせてください。

 三は、二の真ん中にまっすぐ線を引くイメージです

 横線をしっかり書くことで、堂々とした文字が書けるようになります。

 まずは、ご自分のお名前の中に、一、二、三があるかを見てみましょう。いくつか見つかると思いますので、ぜひ練習してみてください。