大阪北部地震でひっくり返った浄教寺の門。雨に備えてブルーシートがかけられていた
大阪府茨木市の浄教寺では門が倒れる被害に遭った 写真:ワードリーフ/アフロ

6月18日朝に発生した大阪北部地震。6月21日時点で死者5人、負傷者370人超の被害が出ている。日本は世界でも有数の地震大国であるが、隣国の中国も2008年に四川大地震が発生するなど、地震が頻発する国だ。そんな中国では、今回の大阪北部地震をどう報じたのか。中国の経済メディア「第一財経」に掲載された記事を転載する。

 ここ数日、日本列島で頻繁に地震が起きている。6月16日に東京近郊の千葉県でマグニチュード(M)4.5の地震が、翌17日に群馬県でM 4.7の地震が発生した。さらに 18日、大阪府でM 6.1の地震が発生した。

 日本列島は太平洋プレート、フィリピンプレート、ユーラシアプレートが重なっているところに位置し、世界有数の地震多発地である。2011年3月、東北地方近海でM 9.0の地震と津波が発生し、 死者・行方不明者は2万人近くに達した。

 日本政府は地震関連情報を国民に隠すことはない。地震調査委員会を設置し、 地震予知に関する情報を定期的に公表し、M 7以上の地震が発生する確率や発生の可能性のある地域に関するデータを常に更新し、大地震に備えるよう国民に呼びかけている。

日本人は地震が起きても
「天命に従う」心境

 実は、首都圏及び静岡県から大阪府、和歌山県、四国地方にかけての地域は、向こう30年以内にM 7以上の大地震の発生確率が50%を超えており、ある地域では70%に達していた。