具体的には、「コストに適正利潤を上乗せした値段」ということ。適正利潤とは、株主に対して常識的な配当をするために必要な利益といったイメージだ。

原油価格は
ニューヨークで動く

 消費者がガソリンを購入するガソリンスタンドは、産油国から輸入した原油を精製してガソリンにし、スタンドで販売している。その際のコスト、例えば精製の費用やガソリン税、スタンドの運営費用、適正利潤などはそんなに変動しない。

 変わるのは原油の仕入れ価格。つまり、ガソリン価格が変動する主な要因は、原油の仕入れ価格の変動ということになる。

 原油は、「1バーレル当たり何ドル」といったドル建ての価格で世界的に取引されているので、ドルの値段(為替レート)に影響される。原油の仕入れ価格も為替レートも、主にニューヨークで決まっている。つまり、ガソリンの価格はニューヨークで決まっているといえるのだ。

 そんな原油を取引する巨大な市場は、ニューヨークにある。原油にはさまざまな種類や品質があるが、ニューヨークで取引されているのはWTIという種類の原油。この原油の取引所に、世界中から巨額の売り注文と、買い注文が集まってくるのだ。

 ここに集まる注文は、実際に原油を売り買いしたいという注文だけではなく、投機の注文も多い。大油田が発見されれば、世界の原油価格は下がるだろうから、それを見越した投機家が売り注文を出す。産油国で戦争が始まれば、世界の原油価格は上がるだろうから、それを見越した投機家が買い注文を出す。

 そうした全ての市場参加者の注文をまとめ、需要と供給の一致するところでWTIの価格が決まるのだ。その意味では、まさに需要と供給の関係で日本のガソリン価格が動いているのである。