30万部を突破した『会話もメールも英語は3語で伝わります』の続編連載!英語は「主語→動詞→目的語」の3語でOK!

本連載では、「日本人にありがちな英語」と「3語の英語」を対比させ、「どこをどう考えれば、3語の英語になるのか」を徹底解説します。「3語の英語」の発想が身につくだけでなく、話すための英文法もインプットされます。

「日本人にありがちな英語」は間違っているわけではありません。しかし、「3語の英語」の発想を持つことで、もっと英語がラクになり、話すことが楽しくなります。

最新刊『英語は3語で伝わります【どんどん話せる練習英文100】』の著者である中山裕木子氏が、そのエッセンスをやさしく語ります。

スマートな英語

be動詞を避け、スマートな英語にするコツ

 本日より、「日本人にありがちな英語」を「3語の英語」に組み立て直す練習をしていきましょう。さっそくですが、次の日本語を英語にしてください。

「娘は大学生です。音楽を専攻しています」

 多くの場合、直訳して次のような英文にしてしまいがちです。

× My daughter is a university student. She majors in music.

中山裕木子(なかやま・ゆきこ)
株式会社ユー・イングリッシュ 代表取締役。公益社団法人日本工業英語協会 理事・専任講師。英検1級・工業英検1級取得特許翻訳者
2000年、特許事務所で電子・電気、機械の特許明細書の日英翻訳を開始し、テクニカルライティングに出合う。2001年に工業英検1級取得。首位合格により文部科学大臣賞を受賞。2015年6月、TEDxKyotoUniversityでSimple English for Everyone (シンプル英語のススメ)と題したスピーチをする。気後れせずに皆が英語を使える日本を目指して、「伝わる英語を身に付ける」をモットーに、企業・大学などで指導を続ける。

 日本語は「~です」が頻出します。それをそのまま英語にすると、be動詞がぴったり当てはまります。be動詞を使うと、「あなたが何者か」を名詞で表すことになり、自然と語数が増えます。すると冠詞を使う頻度が増えて、正しい英語へのハードルが上がります。

 この場合、My daughter is a university student. の「a」が必要になり、正しい文の組み立てが難しくなります。「~を専攻する」を表す「major in」の組み合わせも、覚えるのが大変です。

 動詞1語で表すことを検討しましょう。

※関連記事 日本人の英語は長い! 「3語」で伝える10のコツ

 大学生が何をしているか。それは「勉強」です。専攻が音楽の場合、「音楽を勉強している」と表してみましょう。「大学」のような説明については、後ろにつけ加えます。

「3語の英語」にしよう

(1)娘 (2)勉強している (3)音楽 (大学で)

 英語の動詞はいつも「時制」を一緒に表します。「勉強している」は「現在形」を選択しましょう。studyを使います。「今日も、明日も、変わらず勉強している」という不変の事実を表します。

○ My daughter studies music at university.

現在形で「人の立場・肩書き」を表そう

 英語の「現在形」は、「今の瞬間」を表すものではなく、「今のまわり一帯」を表し、加えて「人の立場・肩書き」を表現することもできます。

 この例文のように、study(勉強する)という動きのある動詞を「現在形」として使えば、「彼女は勉強している」→「彼女は勉強する立場にある」→「彼女は学生である」を意味する表現になります。