30万部を突破した『会話もメールも英語は3語で伝わります』の続編連載!英語は「主語→動詞→目的語」の3語でOK!

本連載では、「日本人にありがちな英語」と「3語の英語」を対比させ、「どこをどう考えれば、3語の英語になるのか」を徹底解説します。「3語の英語」の発想が身につくだけでなく、話すための英文法もインプットされます。

「日本人にありがちな英語」は間違っているわけではありません。しかし、「3語の英語」の発想を持つことで、もっと英語がラクになり、話すことが楽しくなります。

最新刊『英語は3語で伝わります【どんどん話せる練習英文100】』の著者である中山裕木子氏が、そのエッセンスをやさしく語ります。

英会話

会話がとぎれない質問の仕方

 主語→動詞→目的語の「3語の英語」の組み立てができたら、次は「疑問文」を使いたくなるかもしれません。

 本日は、「3語の英語」の疑問文の作り方をお伝えします。

 おすすめは、シンプルな「あなたは~しますか」と聞く疑問文です。「Do you+動詞+目的語?」のようにして、具体的な動詞を置いて、疑問文を組み立ててみましょう。

中山裕木子(なかやま・ゆきこ)
株式会社ユー・イングリッシュ 代表取締役。公益社団法人日本工業英語協会 理事・専任講師。英検1級・工業英検1級取得特許翻訳者
2000年、特許事務所で電子・電気、機械の特許明細書の日英翻訳を開始し、テクニカルライティングに出合う。2001年に工業英検1級取得。首位合格により文部科学大臣賞を受賞。2015年6月、TEDxKyotoUniversityでSimple English for Everyone (シンプル英語のススメ)と題したスピーチをする。気後れせずに皆が英語を使える日本を目指して、「伝わる英語を身に付ける」をモットーに、企業・大学などで指導を続ける。

 be動詞ではない普通の動詞(一般動詞)を使う疑問文では、DoまたはDoesを文のはじめに使います。youが主語の場合は、Doを使います。You、I以外の場合、例えばDoes this place have...?のように主語が単数ならDoesを使います。

 例えば「どんな映画を見る?」と聞きたい場合、次のように組み立ててみましょう。Doを置いたら、これまでと同じように、主語(you)→動詞→目的語と並べるだけです。実際の会話ではある程度相手の好きな話題が予測できるでしょうから、「どんな映画」を「~の映画」というように、具体化してみるのです。

「3語の英語」にしよう

(1)あなた (2)見る (3)具体的な映画を考えて置く (疑問文)

Do you watch action movies? (アクション映画とか見る?)
Do you watch Japanese movies? (邦画は見る?)
Do you watch comedy movies? (コメディ映画とか見る?)

 すると、次のような応答が返ってくるでしょう。

●相手の応答例
• I love watching action movies. I like Bruce Willis.
(うん、アクション映画大好き。ブルース・ウィリスが好きなんだ)

• Not really. I rather like fantasy films. I love the Harry Potter series.
(あまり見ない。ファンタジー映画のほうが好き。ハリー・ポッターシリーズが大好き)

 するとその先、How about you?(あなたはどう?) So, do you like action movies?(じゃー、あなたはアクション映画が好きなの?)と話がスムーズに続いていくかもしれません。

難しい疑問文はいらない

 無理をしてWhatやHowという、いわゆるWH-question(ダブルエイチクエスチョン)を組み立てなくても大丈夫です。

 それよりも会話がはずみ、相手の話をうまく引き出したり、こちらも応答を返したり、ということができるようになる具体的な質問を考えてみましょう。コツはDo you...?で疑問文を組み立てることです。