文系か理系か
写真はイメージです Photo:PIXTA

過剰に二分化されている
理系か文系か

『文系と理系はなぜ分かれたのか』書影
『文系と理系はなぜ分かれたのか』 隠岐さや香著 講談社刊 980円(税別)

 理系か文系か、この二分法は、日常に浸透し、まるで血液型のように、はじめて会う人同士の話題になることが多い。そして、文系であるか理系であるかでレッテルを貼り、個人を理解しようとする。Wikipediaの「文系と理系」というページで展開されている「文系と理系を巡る観念的な印象」は、その代表例である。

 “4.1数学のできない「普通の」文系、それ以外の「特殊な」理系
 4.2文系は優雅、理系は律儀
 4.3文系は言葉で考える
 4.4文系は前提の吟味をしない
 4.5理系は会話下手
 4.5.1理系男子は結婚できない
 4.6理系にはオタクが多い
 4.7男子は理系、女子は文系
 (Wikipediaより引用)”