【秘訣その2】
質問する

 先に述べた、ボブ・パイク氏の法則によれば、8分以上の講義では「受講者を参加させる」ことが必要となってきます。スピーチやプレゼンに参加させる上で一番取り入れやすいのは、聴き手に質問し、答えてもらうことです。

 とはいえ、質問にはいくつかの注意が必要です。ここで例を挙げてみましょう。私は以前、ある著名なコンサルタントの「出版ノウハウ」を教えてくれるセミナーに参加しました。開口一番、コンサルタントが参加者に質問をします。

「実は、出版に必要な心構えはそれほど多くありません。何ヵ条くらいだと思います?そこの方(ある参加者を指して)いくつでしょうか。(隣の方を指さして)あなたは?(さらに隣へ)あなたは?」

「多くないと言われているから、きっと少ないのだろう、でも1つや2つではないだろうし、あてずっぽうで答えるか?でもこの人、なんとなく威圧感あるし、周りの人も見ているし、間違ったら恥ずかしいし……」という心の声が、私には聴こえました。

聴き手への質問は極めて有効だが
不要な緊張を与えると逆効果

 答える人も、一様に自信がなさげです。場の空気は、じわじわと緊張感を増していきました。話し手がアイスブレイクのつもりで問いかけても、これではかえって「アイシング」です。話し手に不要な緊張感を与えるようでは、聴き手との心理的な距離は開いていき、話への興味も薄れていきかねません。

 質問のコツは次の3つです。

 (1)誰でも安心して答えられる質問をする。特にスピーチ冒頭での質問は、聴き手に参加感を持ってもらうことが目的です。この場合、「正解や間違いがある」「人に笑われたり、恥ずかしい思いをしたりする懸念がある」などの質問は、注意深く避ける必要があります。

(2)クローズドクエスチョン→オープンクエスチョンの順で行う。最初は、Yes/Noで答えられる、または選択肢のある質問とし、聴き手に選んでもらうだけの質問にしましょう。