たった5分でも効果絶大!
飲み食いせず相手の話に集中せよ

 幹事であろうとなかろうと、宴席で使える好印象を与えるテクニックも教えてもらおう。

「相手の話をよく聞くことです。とくに成功している人と話すことで、より成長するために今の自分に足りないものや、相手との違いを見つけられるので、仕事に生かすことができますよ」

 そのために意識してほしいのが、「否定をしない」ということだ。

「相手が言っていることが自分の考えと違っても、それを否定しないこと。しかし、だからといって自分の意見を押し殺して相手に迎合しないこと。この2つを意識してください。自分の中にない意見は自分の財産になりますし、それはどんなに成功している人も同じですからね。しかし、自分の意見を否定して相手に合わせれば、気に入ってはもらえるかもしれませんが、仕事につながる可能性は低いでしょう」

 必ずしも相手と意見が合わないといけないと思うのは大きな間違い。それよりも、「そんな意見もあるんですね!」、「僕はこう思いますが、◯◯さんはこれについてどう思われますか?」と、自分を曲げない人の方が、ビジネスパートナーとして見てもらえるのだ。

「とくに一流の人は、自分の話をよく聞いてくれる人、自分のことをよく見てくれる相手をかわいがる傾向があると思います。だから、ちゃんと聞いて意見を言うこと、相手の話をもっと聞きたいという態度を示すことが、効果的なんです」

 相手の話を聞く時に意識するといいポイントは、「5分間だけ相手に集中すること」だ。

「5分間だけでも、他の何よりその人との会話を優先して集中すると、『よく聞いているやつだな』と思ってもらえます。『たった5分くらい簡単だろ』と思うかもしれませんが、無意識のうちに、食べ物や飲み物を口に運んだり、スマホを見たりしているもの。そうしたことも一切せず、相手の話だけに集中することが大切です」