・お腹は気になるが、時間やお金をかけたくない
・運動はしているが、お腹の悩みを解決できない
・お腹を凹ませて、人生を変えたい
 そんな方のために、好きなものを食べても運動しなくてもやせて、腰痛、猫背などの不調も改善する「合理的な方法」をお伝えしていきます。ビジネスと同じで、まずお腹が出る原因を探り、目標を設定すれば、とるべき手段が明確になり、おのずと結果はついてくる、そんな方法です。

ダイエットのストレスを
減らすには?

植森美緒(うえもり・みお)
1965年生まれ。健康運動指導士。ダイエットに失敗した10年間の経験を生かし、リバウンドしない方法を提唱。自らもそれを実践し、最大60kgから14kg減量した体型を維持している。スポーツクラブ、カルチャースクール、専門学校、整形外科、自治体、健康保険組合、企業、女性誌など多彩なステージで活動を重ねている。実践のしやすさと続けやすさをモットーにしたセミナーは、その場で効果を実感できる点が参加者からも好評。著書に、『30秒ドローイン!腹を凹ます最強メソッド』監修:石井直方(高橋書店)、『腹だけ痩せる技術』(メディアファクトリー新書)、『世界一簡単な「くびれ」の作り方』(PHP文庫)など多数。

 ダイエットが成功する人と失敗に終わる人の差は何なのでしょうか。

 いろいろな考え方はあるでしょうが、私は「ストレスの程度の違い」が成否を分けると考えています。何をするにしても時間的、肉体的、精神的、金銭的、いずれのストレスも小さければ小さいほどうまくいきます。30分の早歩きをはじめることを例に考えてみましょう。毎日30分歩いていれば、脂肪が永遠に減るわけではありません。体重が減らなくなり安定する時期が必ず来ます。目標とする体重に至る前に減り止まったときには、次なる手を打つ必要があるのです。にもかかわらず、これ以上は減らないと思ったとたんに、それまで続けていた30分の早歩きをやめてしまうケースがよくあります。30分の早歩きによってやせたぶんは、やめてしまえば元の木阿弥です。つまり、やせたい一心で無理にがんばって歩いていたのか、さほどのストレスを感じずに歩いていたのかによって、リバウンドするかしないかの分かれ道になるのです。

 もし30分よりも長く歩くことにストレスを感じないようなら、歩く時間を長くする方向でもよいと思います。けれどもし、早歩きを続けるのはつらいと思ったら、その時点で軌道修正してください。

 お腹を凹ませたいなら、わざわざ歩く必要はありません。体重を減らしたいなら、運動することに固執せずに、牛乳を普通牛乳から低脂肪牛乳にしたってよいのです。

 ごはんが大好きな人は、ごはんを減らすのではなくごはんを食べるために、お酒が好きな人ならお酒を減らさないために、何ができるか。

 ゲームを攻略するような発想で、無理なくできることを積み重ねれば、脂肪をさらに減らすことができます。

 問題解決能力が高い人は、何かを解決しようとするときにたくさんの選択肢を持っています。その気になれば脂肪を落とすアプローチはそれこそ無限にあります。人のまねをしたら自分もうまくいくとは限りません。あくまでも自分にとって、いかにストレスのない取り組みができるかが勝負なのです。

(次回へ続く)