いくら入っていても、電子マネーの重さや形は外から見たらなにも変わっていませんから、親が意識して、お金の価値を教えることが必要です。たとえば、お子さんとこんなワークをやってみてはいかがでしょうか。家にある商品券やクレジットカードなどの「見えないお金」をテーブルの上に出してみます。そして、それぞれの横に、同額の現金を置いてみましょう。実際に並べて見ると、「わ、これだけの金額のものなんだ!」とう実感が湧いてくるはずです。金額を実感することで、「見えないお金」を無造作に置きっぱなしにしたり、どこかに忘れてきてしまうという不注意も防げるようになるでしょう。

「電子マネー」は魔法のカードではない!

 キャッシュレス化によってお金に触れる実体験が薄れ、カード1枚で様々なことができる時代になってきています。

 たとえば、Suica(関東地方)などに代表される交通系IC カード。ICOCA(関西地方)やSUGOCA(九州)、PiTaPa(関西の私鉄)、manaca(名古屋)、Kitaca(北海道)などエリアによってもいろいろあります。これらのカードで電車やバスにも乗れますが、カードによっては、コンビニやスーパーでも買い物できます。

 とはいえ、電子マネーはATM同様、打出の小槌ではありません!「魔法みたいに便利だけど、魔法みたいにいくらでもお金が出せるわけじゃない」「お父さん、お母さんが働いたお金があるから使える」ことを伝えるのが大切です。

 そのために、子どもと電車で出かけるときは、できるだけ小銭を使って目的地までの切符を券売機で買うのがよいでしょう。ICカードの方が割安ですが、目的地までどれぐらいお金がかかるのか子どもに実感してもらえるいいチャンスになります。

キャッシュレス時代に「お金の感覚」を実感させる大切さ

 先ほどのSuica(スイカ)などに代表される交通系ICカードをはじめ、今後こういった電子マネーによるキャッシュレスの傾向はますます加速していき、子どもたちにとってお金に触れる実体験はますます薄れていくでしょう。