貴重な老後資金の500万円を
国内投信1本に「一度に」投資して大失敗

 先日、家計相談にいらっしゃったMさん(61)は、継続雇用制度を利用して働く会社員。現役時代より収入は減りましたが、生活費を下げ、毎月貯蓄から補填する金額を抑えて暮らすことができています。

 家計は支出など見直すべきところも特段ない良い状況だったのですが、Mさんを悩ませている問題は別にありました。

 Mさんは、60歳の定年時にもらった退職金と今までの預貯金を合わせ、総額2500万円ほどの金融資産を保有しています。妻(59)とつつましくも長く楽しく暮らすために、大切に使いたいと考えています。

「人生100年時代」といわれるように老後が長くなっている昨今、生活資金の不足が大きな問題になっていると耳にし、この老後資金をいかに長持ちさせるかを考えて行動してきました。その1つの策が「定年後も働く」こと。そして、もう1つの策が「投資」でした。

 投資を始めたのは、最近は長期的な投資が望ましいと聞くし、将来の暮らしを見据えると、老後資金の一部を投資した方がトータルの老後資金を増やせるのではないかと考えたためでした。そして、老後資金2500万円のうち、500万円を投資にあて、様子をうかがっていました。

 しかし最近、この投資した金融商品の評価をチェックしたところ、60万円ほどマイナスになっていました。これに驚いてしまい、このまま投資を続けていてよいのか、別の策を講じるべきなのか非常に悩んでいるのだそうです。

 これは、国内の投資信託1本に500万円を「一度に」投資した結果です。投資を始めるにあたって、証券会社の人に勧められたものを買うのもどうかと考えたMさん。そこで、自分でネット証券の口座を開設し、その時にランキングで1位になっていた商品を「名前も聞いたことがあるから大丈夫だろう」と投資したのだといいます。