米国の「早過ぎる利下げ」姿勢で強まる“バブルの香り”
Photo:PIXTA

 金、原油、ビットコインの3つに共通するものは何だろうか。

 答えは、利息が付かない投資対象という点である。これらは、高金利のときは、インカムゲインが加えられないということで敬遠される。

 逆に、超低金利のときは、保有動機が相対的に高まる。過剰流動性がある時には、投機対象として好まれることになる。

「バブルの先行指標」として、この3つの値動きをみると、先々、バブルが起こりやすくなっているかどうかを判別しやすくなる。

金や原油価格の上昇は
投機熱の高まり示す

 今、この3つのこのところの値動きは、バブル的な投機の気配をかなり強く感じさせるものだ。(次ページの図表1、2、3)