お客様から学んだこと

タサン志麻
タサン志麻
大阪あべの・辻調理師専門学校、同グループ・フランス校を卒業し、ミシュランの三ツ星レストラン(ジョルジュ・ブラン)での研修を修了。その後、日本の有名フランス料理店等で15年働く。2015年にフリーランスの家政婦として独立。「予約が取れない伝説の家政婦」と呼ばれるようになる。2017年2月、『沸騰ワード10』(日本テレビ系)で一躍話題となり、2018年5月、NHK『プロフェッショナル 仕事の流儀』でその仕事ぶりが放映され、クール最高視聴率を記録。現在も家庭に出向き、冷蔵庫にある食材で家族構成や好みにきめこまかく応じた料理に腕をふるうほか、「つくりおきマイスター養成講座」の講師や料理教室、食品メーカーのレシピ開発などでも活動。フランス人の夫と子どもと4人で暮らす。著書に、第5回「料理レシピ本大賞in Japan 2018」料理部門で「入賞」した処女作『志麻さんのプレミアムな作りおき』などがある。
【タサン志麻HP】
https://shima.themedia.jp/

 今、家政婦の仕事でうかがうお宅は、ほとんどが共働きでお子様がいらっしゃいます。

 実際にお客様の多くは保育園に子どもを預け、夕方ぎりぎりまで仕事をして、食事の準備をする時間がなかなか取れない方がとても多いです。

 私も自分自身に子どもができ、仕事と子育てを両立していくことがどんなに大変か身をもって知ることができました。

 お客様からはいろんなリクエストを受けますが、離乳食やお子様の他の料理を頼まれることもよくあります。

 離乳食に対しての考え方は家庭によって様々なので、どんな風につくったらいいかは、お客様の要望をよく聞いてからつくるようにしています。

 お子様によって好き嫌いやかたさの好み、味付けの濃さなど、いろいろな場合があるからですが、私が気をつけているのは、なるべく大人も同じものを食べれるようにするということです。

離乳食にもなる、じゃがいものピュレ
大人も大好き「じゃがいもピュレの肉巻き」

 フランスの離乳食は、おかゆではなく野菜や果物のピュレですが、野菜のピュレは塩分が薄くてもおいしく食べられるものが多く、子どもは離乳食として、大人は肉や魚のつけ合わせとして同じものを食べることができます。

 同じテーブルにつき、同じものを「おいしいね」と言って食べることは子どもにとってとてもいいことだと思います。

 フランス料理には、このピュレに合わせる料理はたくさんありますが、もちろん和風の味付けだって合うものはたくさんあります。

 この本でご紹介した「じゃがいものピュレの肉巻き」も、ピュレはお子様の離乳食にもなりますし、肉巻きは大人のおかずになります。

 野菜の冷凍もできますし、スープのベースやパンケーキやクッキーに入れたり、マヨネーズを足してやわらかいポテトサラダ風にしてもいいかもしれません。詳細レシピは本書 にありますのでぜひつくってみてください。

 本書にある私の思い出レシピは、冷蔵庫にある食材で意外と簡単にできます。第1回連載にカラフルなレシピを紹介しましたので、ぜひご覧いただけたらと思います。