◆「お休みをいただく」は間違い謙遜言葉!

 たとえば、取引先から休暇中の同僚に電話がかかってきたとき、「○○は本日お休みをいただいております」などの表現を使っていないでしょうか。このフレーズは厳密に言うと、次の2つの点で間違っています。

 まず、「お休み」という表現について、これは身内である自社の人間に対して、丁寧語を使っていることになります。本来、社外の人に使う敬語では、身内のことは謙遜するべきなので、休みに対して「お」をつけるのは間違いです。

 ◆「いただく」の使い過ぎに要注意!

 また、「いただく」は「もらう」という言葉の敬語表現です。この場合、休みは取引先から「もらう」ものではなく、本来、自分で取るもの。少なくとも、取引先に「もらう」「いただく」という表現には、自分の動作につけると謙譲語になるという特徴もあります。たとえば「見る」という動作に「いただく」をつけて「見せていただく」とするだけで敬語表現になるので、便利に使えるわけです。ただし、この便利さ故に、最近は使いすぎる傾向があり、特に敬語に慣れていない若い世代は注意が必要です。この「いただく」を使いすぎると、非常に回りくどい表現になってしまいます。

 たとえば、「ご指定いただいた日程を見させていただきました。これから調整させていただきたいので、改めて連絡させていただきます」のような「いただく」を多用した言い回しをする人が増えています。

「いただく」を使うのは、前述の相手に感謝を伝える際です。「頂戴した」「(~して)くれた」ときにだけ加え、自分の行動を謙譲表現するのに付けるのは避けます。先述の文章なら、相手の行動は「日程を指定した」ことだけですので、この部分のみに「いただく」を加えて感謝のニュアンスを込めるわけです。先ほどの文面を、「ご指定いただいた日程を拝見しました。これから調整し、改めてご連絡いたします」でスッキリします。