1976年から87年までで31勝した
PL学園高は高校野球の盟主の座に!

 4位には2校が同数で並んでいる。1校目は天理高(48勝26敗)。野球部自体は戦前から予選に参加していたが、甲子園に出場したのは1954年の春が最初、夏の大会は1959年が初めてだ。以来一貫して一定の力を保ち続け、60年間で48勝を積み上げた。

 そしてもう1校はPL学園高(48勝13敗)。こちらは学校の創立が戦後の1955年で、甲子園初出場が1962年。1970年夏に準優勝すると、以後2009年までその名を全国にとどろかせた。

 特に、1976年から1987年にかけて夏の甲子園出場成績はなんと31勝2敗(優勝4回、準優勝2回)、敵なしと思われる強さを発揮した。その破竹の勢いから、あらゆる記録を塗り替えるかと思われていたが、内部事情で専任監督が不在となり、2016年夏の府大会を最後に休部、翌17年には高野連を脱退した。現在再開のめどは立っていない。

 第3位は松山商(56勝21敗1分)。夏だけで優勝4回、準優勝3回、「夏将軍」という異名をとるほど夏に強かったが、2001年夏にベスト4に進んだのを最後に甲子園に出場できていない。4位の天理高が8勝差まで詰めてきており、このまま未出場が続くと逆転されそうだ。

 なお、松山商は戦後のごく一時期、松山東高に吸収されて、同校の商業科となっていた。その間の1950年夏には松山東高として甲子園に出場し全国制覇している。この時の4勝を加えると通算は60勝となる。また、1分とあるのは、1969年夏の決勝戦の三沢高との延長18回引き分け再試合である。

 第2位は龍谷大平安高(61勝31敗)。現在の校名になったのは2008年のことで、年配者には平安高の方がなじみがあるだろう。戦前からの名門だが、初出場したのは1927年と昭和になってから。予選の同地区(かつては京滋、現在は京都)に強力なライバルが少なかったことから、出場回数も34回と北海高(38回)に続いて全国第2位。1990年以降も着実に勝ち星を重ねており、当分2位を維持しそうだ。

 全国最多の勝ち星を誇るのは、多くの通算記録部門でトップに立つ中京大中京高(78勝21敗)。2位とは17勝もの差がある。当分1位の座は安泰だろう。

 戦前から、中京商、中京高、中京大中京高と名前を変えながら、一貫して全国トップクラスの実力を保ち続けている。そのため、第1回大会の頃から活躍していると思っている人も多いが、実は同校が創立されたのは、第9回大会が行われた1923年。大会当初はまだ創立されていなかった。

 ところが1931年に初めて甲子園に出場すると、夏の大会でいきなり全国制覇、しかもそこから未曽有の3連覇を達成した(その時のエースだった吉田正男投手は夏が14勝0敗、春の勝敗も合わせると23勝3敗)。以降、1980年代後半から90年代後半にかけて一時低迷したものの、2009年夏にも全国制覇するなど、現在でもその勢いは衰えていない。

 ちなみに、昨年までの通算試合数は99試合。今年は残念ながら地区予選の準決勝で誉高(旧・尾関学園高)に敗れてしまったため、史上初の夏の大会100試合は持ち越しとなってしまった。

(姓氏研究家、野球史研究家 森岡 浩)

>>夏の甲子園勝利数ランキングベスト100【完全版】を読む