千葉県の本当に魅力ある自治体ベスト5
1位は国内最大テーマパークのある浦安市

 千葉県の地域力フロー指標トップの浦安市は国内最大のテーマパーク群を有し、東京23区に隣接する。人口密度は県内で最も高い。生活基盤、教育、住民・福祉、女性の活躍の分野で全国でも上位となっている。

 2位の習志野市は県庁所在都市、県内最大の都市である千葉市、県内2番目の人口を有する船橋市に隣接する。また、東京都心部のベッドタウンとしての性格も強く、人口密度は県内で3番目に高い。生活基盤、教育、コミュニティ、住民・福祉の分野で高い評価となっている。3位の流山市は県北西部に位置し、埼玉県と隣接する。つくばエクスプレスの開業により、子育て世帯の注目も集まっている。習志野市同様、生活基盤、教育、コミュニティ、住民・福祉の分野で高い評価となっている。4位が市川市、5位が船橋市となった。

 千葉県の地域力ストック指標トップは地域力フロー指標トップの浦安市である。後期高齢者比率が県内で最も低い。2位の印西市は県北部に位置し、大規模ニュータウンの中心となっている。後期高齢者比率が県内で2番目に低い。3位の成田市も県北部に位置する。国内最大の国際空港を有する。後期高齢者比率が県内で6番目に低い。4位が富里市、5位が八街市となった。

「地域力フロー指標」ランキング・ベスト5(千葉県編)
出所:中部圏社会経済研究所試算
拡大画像表示
「地域力ストック指標」ランキング・ベスト5(千葉県編)
出所:中部圏社会経済研究所試算
拡大画像表示