たとえば、所得金額が100万円で年間7万円(保険金などで補てんされる金額なし)の医療費を支払っていた人の場合、次のように計算します。

 7万円(支出医療費)- 5万円(※)= 2万円(医療費控除の金額)

 ※10万円 < 100万円 × 5% = 5万円

 ゆえに5万円となり、年間5万円を超える医療費の負担をしていた場合は、対象となるのです。

セルフメディケーションなら1万2000円以上で対象に

 平成29年1月1日から医療費控除のもう一つの制度としてセルフメディケーション税制がスタートしました。スイッチOTC医薬品といわれる、もともと医療用だった薬をドラッグストアなどで買えるように転用(=スイッチ)されたものが対象となります。一般によく知られているものとしては、「ガスター10」という胃薬があります。これらの薬は、処方箋が不要でドラッグストアで誰でも購入できるものです。

 この税制は、病院に行かなくても自分(=セルフ)で治そうとする人に税金の恩恵を与えるというものです。具体的には、1年間でこれらOTC医薬品を購入した金額から1万2000円を差し引いた金額を所得控除として計算することができます。

 控除額 = 購入金額 - 保険金などで補てんされた金額 - 1万2000円

(限度額8万8000円です。つまり10万円までが対象となります)

 ただし、この控除を受けるには(1)特定健康診査(2)予防接種(3)定期健康診断(4)健康診査(5)がん検診のいずれかを受ける必要があります。制度の名称にも使われているように、健康の自己管理を促進するための制度であることからこのような要件が加わっているのです。

 また、従来の医療費控除はそのままの形で残っているため、平成29年以降、納税者は従来の医療費控除か新たなOTC控除かのいずれかを選択して適用することができるようになりました。ただし、この新たな制度は令和3年までと期限が決まっています。

 そこで具体的な対応策としては、OTC医薬品であっても従来の医療費控除の対象でもあるため、薬代を含めて負担した医療費の領収書はすべて取っておくようにしましょう。その上で従来の医療費控除の対象とならなかった場合、新たな制度が適用できないかどうかを検討するという方法になるでしょう。

 控除額でいうと、従来の制度のほうが大きいため節税の効果はありますが、12000円を超えたものから対象となるという手軽さからみると新たな制度は比較的容易に使うことができると思います。対象となるスイッチOTC医薬品については、「厚労省 セルフメディケーション」で検索、確認の上で購入すると良いでしょう。