5G大戦Vol.04
Photo:Evgeny Gromov/gettyimages

あらゆる産業に変革をもたらす5G。しかし、その特徴を生かしたビジネスモデルを考えるとなると、戸惑うことも多いだろう。そこで特集「5G大戦」(全11回)ではVol.04~05の2回にわたり、業界の垣根を越えて、5Gを有効活用するためのポイントを徹底解説する。(ダイヤモンド編集部副編集長 大矢博之)

「週刊ダイヤモンド」2019年11月9日号第1特集を基に再編集。肩書や数値など情報は雑誌掲載時のもの

5G活用の問い合わせが
半年で330件も来ている

「5Gを使って何ができるのか。こうした問い合わせが、4月から9月までに330件来ている」――。

 こう打ち明けるのは、富士通戦略企画本部5G/ICTビジネス推進室の岡部健一室長だ。岡部室長によれば、問い合わせの約4分の1は製造業。ただ、電力などインフラ系企業からの質問は具体的だが、全体の傾向として、あいまいな内容も多いのだという。

 来年3月からいよいよ国内で商用サービスが始まる5G。高速大容量、低遅延、同時多接続が5Gの三大特徴だと知っていても、ビジネスに生かすとなると途端にハードルが上がる。2時間の映画を3秒でダウンロードできるといわれても、自社ビジネスと関連付けることは容易ではない。「『5Gで何かやれ』と上から指示されて困っている」という声も取材の過程で何度か聞いた。

 そこでダイヤモンド編集部では、5Gを有効活用するためのヒントを5カ条にまとめた。それを特集Vol.04~05の2回にわたってお届けするので、これを参考にして、目前に迫る5G時代に備えてほしい。今回のVol.04では、1~2カ条をご覧いただこう。