大人のいじめ
写真はイメージです Photo:PIXTA

 大人のいじめは東須磨小だけではなく、全国の職場や地域でも起こっている。その陰湿な実態とは。AERA 2019年11月4日号に掲載された記事を紹介する。

 *  *  *
「あるとき勤め先の学校に行くと、私のデスクに知らない女の人が座っていたんです」

 北陸地方で非常勤講師として働く50代女性は、当時の状況をこう話す。

「その女の人が教育実習生だったことは後で知りました。結局、教育実習が終わるまでの間、私は家庭科室の実習机で仕事をするしかありませんでした」

 当時、女性は中学校で週2回、家庭科の授業を担当していた。同僚の教員による「いじめ」が始まったのは、勤務して5年がたった頃だ。

「その中学では生徒が荒れていて、先生たちもストレスがたまっていたのでしょう。次第に私に対して『週2回しか来ないくせに教師ヅラするな』といった空気ができあがっていった」

 やがて女性は無視されるようになり、用務員からも「授業で出たごみを学校で捨てるな」といった理不尽な嫌がらせを受けるようになった。デスクが教育実習生に奪われたのもその一環。3年間耐えたが、ストレスから心身に異常が出るようになり、ついには心療内科で睡眠薬をもらわないと眠れなくなった。

「スクールカウンセラーなどにも相談しましたが、結局、状況は改善しませんでした。今は別の学校に転任して、人間関係も良好です。でも、あのときの苦しさは忘れられません」

 今月初旬、神戸市の東須磨小学校で教員4人による後輩教員へのいじめが発覚した。陰湿ないじめの様子の映像が全国に流れ、衝撃が走った。だが、“大人のいじめ”はこの小学校、教育現場に限ったことではない。

 福岡県在住の50代男性会社員は、以前勤めていた大手電機メーカーで6年間にわたり苛烈なパワハラを受けた。