人生100年時代といわれる一方で
企業の最前線からは外される50代

 定年もかつての55歳から60歳に引き上げられ、今後は65歳への定年引き上げや継続雇用制度の適用、あるいは定年廃止と、働く人の年齢上限がさらに引き上げられる方向にあります。

 しかし多くの企業が55歳役職定年を導入して第一線から外したり、前述したように50歳で転職の大きな壁があったりと、人生100年時代といいつつも50代に入ると働く人の評価が下げられる感があるのが実情です。

 それは企業の人件費コントロールだけでなく、一般的に体力や知的能力の衰えが50代に入ると目立つことがあるのかもしれません。実際、50代の人と話すと「最近は記憶力が…」、「無理が利かなくなった…」といった愚痴が出てくることがよくあります。

 また、50代の私が50代の人を見ても何とも思いませんが、30代の人と話をすると、50代を半ばおじいちゃん扱いしているところもあります。

 確かに同窓会やOB会に出席すると、45歳を過ぎたあたりから仕事の第一線を外れて最前線感が薄れ、50歳を超えたあたりでもう完全に現場を離れ、隠居モードに入っているような人がけっこういたりします。そんな50代ばかりを見ていたら、確かに「もう“上がり”の人たち」だと思われるのも仕方がないかもしれません。

バリバリ活躍する一部と、その他大勢
50代は二極化が進む?

 しかしもちろん、そうした“隠居モード”の人ばかりではありません。特にエグゼクティブの方は、皆さん非常に元気で若々しく、海外を飛び回ったり新規事業にチャレンジしたりする人たちがたくさんいます。

 結局、45歳以上、あるいは50歳以上になると、個人差が非常に大きくなるということです。そして、その差を生み出す要因の1つに、「自分のキャリアを会社に委ねてきたかどうかの違い」があると思います。会社からの辞令ひとつで第一線を外され能力発揮の機会を奪われてしまえば、転職をしない限り最前線感がなくなるのは必然です。

 特に50代の人たちは、これまで会社に忠誠を誓って言われた通りに頑張れば、年齢と共に地位と給与が高くなっていくというシステムの中にいました。しかしそのシステムが機能しなくなり、45歳以上はどんどん早期希望退職の対象にされているのが現在の状況です。