お父さん世代が
“ニセモノ”を駆逐する

 上海ディズニーランドから地下鉄11号線に乗って帰路につくと、車内に今どき珍しい“物売り”が現れた。大きなズタ袋には、ミッキーの耳のついたカチューシャが詰め込まれている。先頭車両から後部車両まで、それを担いで売り歩くわけだが、上海ディズニーランドを訪れる中間層以上の人々は、いまどきそんなものには目もくれない。

中国人の「モラル向上」がすごい、偽物売りも駆逐される上海の今体を張ってニセモノ売りと闘う上海のお父さん

 車両に座っている筆者の前にも、荷物を突き出すようにして営業をかける“担ぎ屋”が現れた。「いらない」と手を振るとその場を立ち去り、今度は3人連れの中国人ファミリーの前に立ちはだかった。そこで「安くするよ」「いらない」などのやり取りがしばらく続いていた。

 ところが、だんだん口論に発展し、互いの声が荒っぽくなってきたと思った瞬間、車両に男性の怒号が響き渡った。

「お前たち!こんなニセモノをいつまで売っているんだ!警察に通報してやる!」と、小さな子どものお父さんが立ち上がり、スマホを取り出して「110番」しようとした。すると、担ぎ屋もカッとなり、これを阻止しようとお父さんに手をかけようとする。あわや取っ組み合いというところで、担ぎ屋仲間が仲裁に割って入り、事態はことなきを得た。

 しかし、これはすごい光景である。上海では、体を張って“ニセモノと闘うお父さん”まで出現するようになったのである。

 長らく続いたニセモノ社会だった中国も、その時代がそろそろ終わりに差し掛かっているような気がした。地下鉄2号線の「上海科技館」駅には相変わらずニセモノ市場があるが、「こんなに精巧にできているのに、買う人が減った」と店員がぼやいていた。近年、訪日中国人が日本での買い物を好むのも「ニセモノをつかまされないため」でもある。

 上海では、“人”も日に日に進化している。もとよりエリート層や富裕層を中心に「高い意識」や「国際感覚」は垣間見られたが、今では中間層も大きく底上げされている。日本人と中国人、これまで「話がかみ合わない」と歯がゆい思いをすることも多かったが、少なくとも上海ではそれを感じることが減った。国籍の違いがもたらすギャップ、それが解消に向かうのも遠い将来のことではないかもしれない。