アル 代表取締役 古川健介

■2019年の振り返り

 コンシューマー領域やテクノロジー企業ではすでに当たり前だったユーザー体験が、一般的な企業にも普及したと考えております。SmartHRSansanなどを、先端的な企業だけでなく、一般的な企業も使い始めている、と感じます。

■2020年のトレンド予測

 10年代は、既存事業のDisrupt(破壊)の時代だったと考えています。たとえば、Uberによるタクシー業界の破壊やAirbnbによるホテル業界の破壊です。

 そして破壊しやすいものはだいたいテクノロジーによって侵食された今、20年代からは、重いアセットを持っている大企業とスタートアップが共同で、デジタルトランスフォーメーションを進める事例が増えてくるのではないかと考えています。大手の銀行とブロックチェーンを得意とするスタートアップや、強いコンテンツを持っている会社がテクノロジー企業と組んで新たなことをする、などです。

 また大企業の中で、子会社でも新規事業のチームでもR&Dでもない、スタートアップのよさと大企業の信用・資金力を利用した、スタートアップに近い形のものが出てくると考えています。

ALL STAR SAAS FUND Managing Partner 前田ヒロ

■2019年の振り返り

 2019年はSaaSの大型調達やIPOが目立った年。SmartHRヤプリオクトフロムスクラッチなどが大型調達し、Sansanやfreeeのような大型IPOも目立ちました。SaaS市場に大きな会社が多数存在できるほど、大きな市場になり始めていると言えるでしょう!

■2020年のトレンド予測

 2020年はAIを取り入れることによって生産性が異常に高い職種が生まれます。カスタマーサポートをAIによって強化する「KARAKURI」や「MiiTel」のように効果的なインサイドセールスを生み出すSaaSがあります。営業、開発、経理、監査、人事などの職種から、AI搭載SaaSが次々と目立つかと思います。いずれはほとんどの職種はAIに触れるでしょう。

YJキャピタル 代表取締役 堀新一郎

■2019年の振り返り

1)ビジョンファンド旋風継続!Uber上場からのWeWorkショック!
2)SaaSブーム継続。調達大型化!
3)ジャック・マー引退/中国テック企業の独自進化/米中対立
4)Zホールディングスの怒濤のM&A。どうなるZ!

■2020年のトレンド予測

 ペイメント戦争に一区切りがついた後にFintech領域の活性化が予想されます。スマホを起点とした金融商品(レンディング、保険、証券、ローン等)とサービス(取引所、メディア、スコアリング、セキュリティ等)において新しいプロダクトが次々と頭角を現すでしょう。GAFAやBATのほか、ヤフー、LINE、楽天、リクルート、メルカリといったテックジャイアントとスタートアップのしのぎを削る戦いや提携が進むと予想します。技術分野においてはブロックチェーンやセキュリティが重要な役割を果たしていくと考えており、注目しています。

 コマース領域は、InstagramがShopifyの真似をやってほしくないと祈っています(笑)。InstagramやTwitterに代表されるSNS起点のサービスが勢いを増していくでしょう。ジャック・ドーシーもTwitterをDecentralized(分散型に)するようなことを発言していますし、LINEのミニプログラム経済圏も盛り上がりそうな予感です。ECエコシステム周りはSNS周辺を要チェックです。

 メディア領域は、2020年1月のCESでAppleがどんな発表をするか楽しみです。GAFAによるVR/AR競争がどんどん激化し、スマホに変わるデバイスが登場してこないか楽しみです。デバイスシフト時に必ず起こるメディアサービスの世代交代。ワクワクします。