Samurai Incubate 共同経営パートナー Chief Strategy Officer 長野英章

■2019年の振り返り

 2019年は大型資金調達化に伴い、モビリティ領域等、ハードが必要な領域が個人的には盛り上がってきたかなと思います。また産業特化型を中心としたバーティカルSaaSはもちろん、テクノロジーをバリューチェーン上に実装して競争優位性を向上し、特定産業に直接参入するモデルが盛り上がってきていた印象です。AI、ロボティクスも社会/産業実装へのチャレンジが盛り上がった印象も強く残っています。

■2020年のトレンド予測

 2020年も産業特化型の事業に注目しています。2020年は市場での多くのトライアンドエラーの結果、SaaS等のソフトだけでは顧客への提供価値をブレイクスルーさせる難易度が高い領域も存在することが徐々にわかり、新しい形の事業創造チャレンジが少しずつ形になるのではと個人的には予想&期待しています。

(1)上流の「素材」も含め、事業設計をするスタートアップ:バリューチェーンの自動化によるコスト削減、時間的価値の向上等だけでは、競争優位性が作りづらくなっている領域がクリアになってくると考えています。その場合の参入パターンとして、「素材」のイノベーションも含めて事業設計をしなくては市場を勝ち抜けないと思われるケースが、2019年にも少しありました。2020年はもう少し加速すると予想しています。

(2)Dynamic Wage/Salaryのモデルで業界特化型の短期労働力を供給するスタートアップ:PoC等を進める上で、あと5~10年間ほどは「人」でないとなかなか価値を出せない領域というのが存在することが見えてきたのも、2019年だと感じます。労働人口の減少の一方で、IoTやビッグデータ等のおかげで人の労働価値や評価の定量化のリアルタイム性や公平性も上がり、人の給料や時給等もダイナミックに変動させて短期労働力を供給するスタートアップが今後出てくると予測しています。

Hotspring 代表取締役CEO 有川鴻哉

■2019年の振り返り

 キャッシュレス化が日本において爆発的に進んだ1年。スタートアップシーンでは、大規模エンタープライズとの連携によって、市場の内側から創造や革新を狙うケースが目立ち始めた。これまでAIにおけるPKSHA Technologyが象徴的だったが、ブロックチェーンにおけるLayerXをはじめとして、各業界において「既存市場との対話」から腰を据えてゲームチェンジを志すスタートアップが散見されはじめた1年だった。

■2020年のトレンド予測

 オリンピックの年ということもあり、ヒト・モノ・カネの移動が盛んになり、2019年に都心部で本格普及したキャッシュレス化の地方への浸透が、引き続き目立つのではないか。また、それに伴いお金の動きがこれまで以上にオンラインで可視化されることにより、いよいよマスにおいてFintechが注目されるとともに、お金という概念や信用について改めて皆が考えさせられる1年になる。

 オリンピック後にはいよいよ日本全体が経済的な停滞感に襲われはじめるだろう。スタートアップにおいては期待値だけではバリュエーションが上がらなくなる「冬の時代」をいかに生き残るかが決め手となる。これまで以上に現実を見た上での挑戦を求められるようになり、起業というものについてさまざまな面で難しさを痛感する年になることが予想される。あらためて、気を引き締めて事業と向き合っていきたい。

エンジェル投資家 三木寛文

■2019年の振り返り

 年初からIT大手によるデジタル通貨(pay)戦争が激化。大企業によるベンチャー出資・買収の増加により、未上場企業の資金調達の大型化が進行。レガシー産業を効率化するバーティカルSaaS系ベンチャーもさらに拡大。D2Cサービス/サブスクサービスの増加、AI/RPA/ビッグデータ等の技術に強みを持つベンチャーの売上成長なども目立った動きでした。

■2020年のトレンド予測

(1)レガシー産業の効率化:金融、不動産、物流、人材、旅行など、各産業を効率化する上位ベンチャーが将来IPOすると予想。農業AIのファームノートinaho、宅配クリーニングのホワイトプラスに注目。その他ビズリーチ、ウェルスナビ、CAMPFIRE、オクト、キャディ(CADDi)、SmartHR、よりそう、フーディソン。

(2)医療/創薬/ヘルスケア領域:日本が最も世界に挑戦できる分野の一つ。予防ヘルスケア×AIのFiNC Technologies、miRNAの新規機能発見による再生医療・創薬事業のaceRNA Technologies、独自AI計算で新規遺伝子の発見から創薬を手掛けるRevorf、癌のセカンドオピニオンサービスを手掛けるリーズンホワイに注目。その他CureApp、エルピクセル、カケハシ。

(3)ITサービス領域:動画、エンタメ、IP。Youtuber/ライバー/Vtuberなどの急拡大によるインフルエンサー事業のBitstarプライム、音声プラットフォームのVoicy、マンガIP量産のフーモア、Zenly的な若者向けメディアの台頭にも注目。その他ミラティブ、「abemaTV」、スマートニュース

(4)その他領域:ロボティクスのGROOVE Xに注目。その他Preferred Networksなど総合AI企業の大型化、ブロックチェーン、量子コンピュータ、素材、宇宙関連。地方創生ベンチャー、アート市場の拡大。